【反響にお応えし当日のセッション動画を一挙公開】 SAP Innovation Forum Tokyo


感動した! やる気が出た。 こんなフォーラムは初めてです。 非常に刺激的な内容で、ぜひ動画を公開して欲しい。

SAP Innovation Forum Tokyo Keynote

SAP Innovation Forum Tokyo 基調講演風景

皆様、はじめまして!SAPジャパンでイノベーション領域のマーケティングを担当している濱本と申します。
唐突に申し訳ありませんが、上記コメントは去る4月26日に開催したSAP Innovation Forum Tokyoにご参加いただいた皆様からの反響の声です。

 

 

 

SAP AGは今年で40周年、SAPジャパンは20周年を迎えました。40年前よりお客様の各種ビジネスプロセスのリアルタイム化をご支援することを信条に掲げ、ERPという主力製品でお客様にご愛顧いただいてまいりました。昔は大福帳というコピーが使われ、特に会計分野で市場の認知が拡大されてまいりました。お陰さまで現在では基幹システム(ERP)のみならず、ビジネスアナリティクス、モバイルプラットフォームの分野でも世界のリーダー企業とまで評価いただけるようにになり、更なる使命感に燃えている次第です。

SAPという会社は、ひたすらにビジネスにおけるIT活用のバリューを訴え続けておりますが、一方では生粋の技術の会社でもあります。グローバルで55,000名以上いる全従業員の内、開発者の比率もかなり高く、日々イノベーションを実現するべく開発が行われているのです。

そのSAPが真のリアルタイムとして「超リアルタイムビジネス」をご支援するためにERPを核にして、その基盤から周辺ソリューションに至るまでイノベーションをお客様にご提供していることは本Webサイトの他記事でお感じになっていただいていることではないでしょうか。

その新しい製品群をご紹介することを目的にSAP Innovation Forumを開催し、特に一橋大学イノベーション研究センター長 米倉先生にご登壇いただき実施した基調講演のパネルディスカッション『イノベーションで企業価値を高め、より良い社会を創造する』では大変大きな反響を頂戴いたしました。

そこで、(記録的な撮影なのでどこまで当日のライブ感がお伝えできるか心配ですが、)当日に開催した基調講演を始め、全セッションの記録動画を6月末まで限定公開いたします。

ひとりでも多くの皆様にイノベーションの素晴らしさが伝わることを願っております。

SAP Innovation Forum Tokyo |  http://www.sap.com/japan/0426_if/

 【基調講演】 『イノベーションで企業価値を高め、より良い社会を創造する』

概要:
イノベーションの伝道師、一橋大学教授 米倉先生をお迎えして、
New SAPを活用した先進事例を題材に、『イノベーションとは?』
『イノベーションへの取り組み方』等を来場者の皆様と一緒に考えてまいります。
講演者情報:

米倉 誠一郎 氏  一橋大学イノベーション研究センター長 教授
寺田 洋 氏  株式会社野村総合研究所 ERP事業部 部長

馬場 渉  SAPジャパン株式会社 リアルタイムコンピューティング事業本部 本部長

村田 聡一郎  SAPジャパン株式会社 リアルタイムコンピューティング事業本部 シニアマネージャ

※米倉先生の講演資料は非公開につき、資料は動画上も映しておりません。

【特別講演】 『競争激烈な中国市場での勝ち方 ビジネススピードを300倍加速させたSAP HANAの導入効果とは』

概要:
Nongfu Spring社は、中国有数の飲料メーカーで、SAP HANAを実ビジネスで既に利活用されています。SAP HANA導入時のパフォーマンス比較を始め、BusinessObjectsやモバイルソリューションの活用まで、先進的な取り組みを濃密に語っていただきます。
講演者情報:
Patrick Hoo
CIO, NongFu Spring

『Extreme BIがもたらすニューリアリティ:意思決定の革命』

概要:
~Big Dataの分析からインサイトの発見/共有まで~
今日、私達は過去に類を見ないスピード感でビジネスが変化している環境に直面しています。グローバルレベルでの競合他社との競争、多様な人種・ワークスタイルの労働力、増加する制約事項・・・、ビジネスを推進していく上で重要な判断材料となる情報が正確に準備されていること、また、その情報に簡単にいつでもアクセス可能なことが勝敗を左右することは間違いありません。

本セッションでは新しいSAP BusinessObjectsソリューションが「Extreme BI」をどのように実現していくか、についてご紹介してまいります。Big Dataをビジネス上意味ある武器に変革するための予測分析、ソーシャルメディア活用における新たな戦略、インサイトをいつでもどこでも利用可能にするためのモバイルBI等、日本初公開の最新情報をグローバルストラテジストよりお届けします。
また、新しいUIとして3Dビジュアライゼーションのデモもお見せできるよう鋭意準備しております。皆様の情報活用戦略の一助となれば幸いです。
講演者情報:
Amy McNee
Vice President, Analytics Solution Strategist, SAP AG

『イノベーション! with SAP HANA』

概要:
~Big Data活用サイクルの高速化~
「イノベーション」という言葉はかなり抽象的ですが、実際にイノベーションを起こす、イノベーションを活用して新たなチャレンジをすることには相当の勇気が試されます。現在、SAPではお客様の超リアルタイムビジネス化をご支援するためにインメモリーコンピューティング「SAP HANA」を開発・提供し、更にはSAP HANAを全てのソリューションの基盤にしていくことにチャレンジしています。お客様はご自身の手で「SAP HANA」を活用した改革を率先することも可能ですし、SAPからご提供するHANAアプリケーションを利活用いただいてリアルタイムビジネスを迅速に手に入れていただくことも可能な時代になっています。そこで、本セッションではSAP HANAの可能性やその他のイノベーションとの融合をご覧いただき、イノベーションをリードする想像力を膨らませていただきたいと考えています。例えば、将来のUIと呼ばれているNUI(Natural User Interface)。NUIとSAP HANAを掛け合わせるとどのような可能性が生まれるでしょうか?新たな発見を日本マイクロソフト様と共にデモ等を通じてご覧いただきたいと考えています。グローバルレベルで経済の中心や優位性が変化していく中、企業活動を支える業務システムも、この先様々な新技術を通じて変化していくことは間違いないと考えられます。
本セッションが、新技術を取り込み皆様の企業価値を向上していく一助になることを切に願っております。
講演者情報:
千葉 慎二 氏
日本マイクロソフト株式会社
インタラクティブエンターテイメントビジネス
デベロッパーネットワークグループ アドバンスドテクノロジーグループ
大本 修嗣
SAPジャパン株式会社
リアルタイムコンピューティング事業本部 シニアマネージャ

『先進事例から学ぶモバイル活用:活用パターンと押さえておきたいポイント』

概要:
~Big Dataから発見したインサイトの消費~
スマートフォンやタブレットの急速な普及に伴い、ビジネスシーンでもモバイル端末を活用したいというニーズが日に日に高まっています。しかし、一言にモバイル活用と言っても接客・社内業務など、適用したいビジネスシーンによってその活用方法は多岐に及びます。
本セッションでは海外の先進的な事例を通して、特にSAPの各種ソリューションを既にご利用のお客様やこれからご検討されるお客様に向けて、業務でモバイル端末をどのように有効活用していくかをご紹介します。更には、世界最大のモバイル端末導入企業でもあるSAP自身が、ユーザーとしてモバイルを実際に活用してみて分かった取組の進め方や気を付けるべきポイント等をお伝えいたします。
講演者情報:
井口 和弘
SAPジャパン株式会社
ソリューション統括本部 モバイルソリューション 部長

『イノベーション活用を支えるテクニカルプラットフォームの全貌と戦略』

概要:
~Big Data活用を支えるプラットフォーム~
SAP の戦略はご存知のように、すでにOn Demand, On Premise, On Deviceに及んでいます。最近のSuccessFactorsの取得およびSybaseの統合も踏まえ、本セッションでは、ビッグデータ、モビリティ、クラウド、ユーザエクスピリエンスといった破壊的ともいえる革新(Innovation)がどのように、すべてのSAPをお使いのお客様に対し、一体感を持って、シームレスで統合されたプラットフォームによって提供されることを想定しているか、にフォーカスします。また同時に、これら主要なテクノロジー領域の重要な側面を取り入れた革新的な顧客事例や、NetWeaver NEO(jPaaS)・Portal OnDemandといった最新ソリューションのデモについても、ご紹介させていただきます。
講演者情報:
Darren Crowder
Vice President, Global Center of Excellence for Technology & Innovation, SAP AG

 『NetWeaver Gatewayを用いた次世代UIの構築』

概要:
~Technology Deep Dive Seesion~
SAPは“2015年にユーザーを10億人にする”事を1つの企業目標に掲げ、その実現化を支える要素技術を整え、展開を開始しています。SAP NetWeaver Gatewayは、これまでのSAPの世界から、あらゆる環境・デバイス・プラットフォーム上で動く、新しいタイプのピープルセントリックアプリケーションへの道を切り開くものです。とてもシンプルな手法で、ビジネスソーシャルメディアからキネクトまで、これまで成し得なかったイノベーティブなビジネスアプリケーションを構築できるようになるのです。
本セッションは、SAPの製品開発部門において、NetWeaver Gatewayの開発責任者を務めるYaad Orenより、Gateway最新情報、ロードマップ、UI開発の方向性や最先端事例をお届けします。ぜひSAP活用の最先端を肌で感じていただければと思います。
講演者情報:
Yaad Oren
Director, SAP NetWeaver Gateway Product Management,
Technology and Innovation Platform, SAP AG

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)