グローバルから優れた人材を発掘・育成・配置し、グローバルで戦う


こんにちは、SAPジャパンの鎌田です。10月30日(水)に大阪で「SAPグローバル人材フォーラム2013 大阪 Autumnグローバル経営を実現する人材戦略」が開催されました。本連載では3回にわたり、当日の内容をダイジェストでご紹介していきます。第1回は、株式会社リコー 人事本部 副本部長 兼グローバルHRセンター長 除村健俊(よけむら たけとし)氏による特別講演「グローバル経営に向けたグローバル人事戦略」です。

グローバル市場での成長を支える人材の育成と活用

写真 4リコーではこれまで、M&Aによる海外企業の買収を通じて積極的なグローバル展開を行ってきました。この成長を将来にわたって維持、拡大するためにもグローバル人材の育成が急務と考えた同社では、2011年からさまざまな取り組みを進めています。

除村氏は、この背景について「これまでは買収先企業の独立性を尊重するという視点から、人事制度や情報システムの統合にはあえて手をつけてきませんでした。しかし、激化するグローバル市場で勝ち抜き、さらなる成長を目指すには、本社の求心力=ガバナンスを強化しグローバル一体経営を目指すことが必要です。そのためには共通価値観の浸透や、新たなITシステムの導入が必須課題だった」と語ります。