SuccessFactorsで実現するグローバル人材管理と、導入を成功させるためのポイントとは?


こんにちは、SAPジャパンの鎌田です。本連載では、10月30日に大阪で開催された「SAPグローバル人材フォーラム2013 大阪 Autumnグローバル経営を実現する人材戦略」の内容をご紹介しています。2回目の今回は、SAPジャパン ソリューション本部 人事/人財ソリューションズの佐々見直文によるセッション「戦略実現のための人材情報管理」です。

グローバルで加速するタレントマネージメントシステムの導入

写真 2このセッションではグローバル人材の育成、活用のための効果的なソリューションとして、SAPが提供するタレントマネージメント/HR関連のクラウドサービス「SuccessFactors」が、主要機能のデモを交えて紹介されました。

冒頭、佐々見はSAPが人事部門のITにおいても40年にわたる実績を持ち、なおかつ80カ国の法制度に対応する人事給与のソリューションとして、世界のトップシェアを維持してきたこと、さらに近年高まるタレントマネージメントのニーズに応じた新機能の拡充について言及しました。

「とりわけタレントマネージメント、すなわちグローバルでの人材管理を効率化したいというニーズが高まっています。こうした声に応えて2012年、タレントマネージメント分野で大きな実績を持つSuccessFactorsをSAPグループの傘下に迎えました」