保守・メンテナンスサービス業務を利益につなげる予見分析テクノロジー


SAPジャパンの瀬尾です。これまでの予見分析の連載では、予見分析のテクノロジーがビジネスの現場だけでなく、世界中の人々の生活インフラにまで大きな変革をもたらしていることを、いくつかの導入事例とともにご紹介してきました。今回から2回にわたり、予見分析を単なる分析・予測だけにとどまらせず、ビジネスの利益を生み出すツールとして活用している先進事例と、SAPの最新テクノロジーについてご紹介していきたいと思います。

Mechanic working under car

保守・メンテナンスサービスをコストから利益の源泉に転換する新たな視点

テクノロジーの発達により、すでにセンサー技術は低価格化を始めています。そして、今まで以上にさまざまなものからセンサーデータを取得できるようになりました。データの増加にしたがって今後ますます重要になるのが、いかにしてデータから洞察を得るかです。今までのようなデータの収集から一歩進んで、複数のデータを組み合わせて意味のあるデータにすることも重要になってくるでしょう。