SAP HANAは「インメモリーデータベース」からリアルタイム経営のための「アプリケーションプラットフォーム」へと昇華


こんにちは、 SAPジャパンの濱本です。今回は、2013年11月28日に開催された「インメモリー・コンピューティング・フォーラム 2013」から、SAP HANAに関するセッション内容をダイジェストでご紹介させていただきます。

インメモリーコンピューティングは複雑化するビジネスへのSAPの回答

現代は市場のニーズが目まぐるしく変化する時代です。企業はこの変化に合わせて、迅速かつ柔軟にビジネス環境を改革していかなくてはなりません。スマートフォンなどモバイルデバイスの拡がり1つをとっても、その膨大なデータ処理が従来のアプリケーションやシステム基盤では間に合わないことは容易に想像できます。

Hot air balloons

SAPは創業から40年以上にわたって、ERPやCRMを始めとした基幹業務パッケージを世界中に提供してきました。これらのアプリケーションにはデータベースが不可欠ですが、これまでSAPは他社のデータベースを利用してソリューションを構築していました。しかし、ビジネスや顧客ニーズが絶え間なく変化する時代にマッチしたアプリケーションを開発しようとしても、データベースの性能がボトルネックになってしまうことが少なくありませんでした。そこで、それを解決するための1つの回答としてSAPが2010年にリリースしたのが、インメモリーコンピューティングSAP HANAなのです。