iOS 7の新機能とMDMソリューション


こんにちは、SAPジャパンの井口です。この1、2年で、普及がかなり進んできているスマートフォンやタブレットですが、日本はスマートフォン販売数のシェアにおいて50%以上、週間スマートフォン売上ランキングなどでもiPhoneが常に上位を占めている状況で、世界の状況と比較すると日本はiOSの利用率が高い国に入っています。

iOSの企業利用

Man Using Touch Screen on Cell Phoneこのような現状を受け、企業の業務利用においてもiOS(iPhone/iPad)を導入したいというニーズは必然的に高くなります。しかしiOSの特徴として、マルウェアなどのセキュリティ対策が強化されているため、ベンダーや開発者がOSに対して独自の拡張や操作を行うことができないサンドボックス構造になっています。モバイルデバイス管理(MDM)においても、Apple社が提供するMDMプロトコルというMDM APIや、Apple Configuratorという設定ツールをベースに管理することを考える必要があります。

そんな中で最近リリースされたiOS 7は、企業向けのMDM機能も拡張されており、企業でiOSを利用していく際に有益な機能がいくつかあります。今回はその内容を初心者にもわかり易いように解説したいと思います。