サプライチェーン戦略のエキスパートに聞いた「需要関連データ」から価値を引き出すためのヒント


Warehouse Worker Scanning Barcodes消費財を扱うメーカーの多くは、将来の需要予測に多くの悩みを抱えています。ソーシャルメディアやオンライン取引などを通じて消費者と直接的なつながりを持ち、新しい商品の開発やサービス環境の改善につなげる必要があります。こうした取り組みに成功している企業に共通しているのは、「消費者は何を求めているのか?」「消費者はそれをいつ、どこで欲しているのか?」といったあらゆる需要関連データを活用し、複数の視点を組み合わせながら需要管理を進めていることです。そこで、サプライチェーン戦略のエキスパートに「需要関連データ」から価値を引き出すためのヒントとなる5つの質問を行いました。