BYOD時代の到来に備える「モバイルアプリケーション管理基盤」のポイント


Businesswoman holding tablet computer with pie chartスマートフォンやタブレットなどを使ったワークスタイルが浸透し、個人のデバイスを業務に利用するBYODも拡がりつつある中、モバイルを活用したワークスタイルの導入を急ぐ企業が増えています。しかし実際に利用が進むにつれ、アプリケーション管理という大きな課題に直面する企業も少なくありません。今回は、モバイル活用を成功させる上で不可欠な「アプリケーション管理基盤」についてご紹介します。

企業のモバイル活用に欠かせない「アプリケーション管理」

エンタープライズモビリティ(全社規模のモバイル活用)が注目される背景には、営業活動の効率化や刻々と変化する経営環境への即応など、ビジネスの機動力を高める効果への期待がまず挙げられます。たとえば、客先や出張先からリアルタイムで顧客情報を参照したり、受注したその場から生産現場へ発注情報を送ることができれば、業務全体のリードタイムが短縮でき、顧客満足につながります。またエグゼクティブが移動の最中に自社の経営指標を確認し、その結果に即応した指示が可能になれば、経営効率はかつてないほど高まります。

しかし、企業におけるモバイル活用は従来のようなメールやスケジュール管理だけでなく、業務データやアプリケーションの利用にも急速に範囲を広げつつあります。そのため、ハードウェアもOSも異なる無数の端末からのアプリケーション利用を、1台1台正確に把握しコントロールできる管理基盤が欠かせなくなります。それが、今回ご紹介する「モバイルアプリケーション管理」です。

個々のデバイスを活かす「アプリケーション管理基盤」

「モバイルアプリケーション管理」には、ライセンスの取得や管理からユーザー端末への配布・設定、アップデートやパッチの適用まですべてのアプリケーションに関するライフサイクルが含まれます。しかし、一般の IT管理でも当然のこうした管理が、なぜことさらに重要なのでしょうか。その理由は、モバイルアプリケーション管理における課題やリスクが、従来のPC管理などに比べて格段に複雑で見えにくく、かつ大きい点にあります。

実際にあった事例から、アプリケーションのライセンス管理を見てみましょう。ある会社で社員がモバイルデバイスからどのようなビジネスアプリケーションにアクセスしているかを調査したところ、想定をはるかに超える数のデバイスが電子メールサービスにアクセスしていることが判明しました。これは電子メールソフトウェアのライセンス契約数をはるかに超えており、放置すればライセンス契約違反という重大なリスクにつながります。

だからといって、一方的に利用数を制限すれば済む話ではありません。モバイルの活用自体は、従業員のコミュニケーションや業務効率を向上させます。またビジネスの現場で利用されるモバイルデバイス=携帯電話やスマートフォン、タブレットなどは、各々異なるハードウェアやOSを搭載しています。それぞれの特長的な機能や利便性を十分に生かすためにも、個々に最適化されたアプリケーションが不可欠であり、そのライフサイクル全般を支える「モバイルアプリケーション管理基盤」が強く求められているのです。

標準化された開発プラットフォームを全アプリケーションに適用

モバイルでは端末やユーザーごとに異なるデバイスとOSを利用するため、同じアプリケーションでもそれぞれ異なるバージョンが必要になります。多い場合には数百種類におよぶこれらのモバイルアプリケーションを管理する上でもっとも重要な基盤の1つが、「アプリケーション開発プラットフォーム」です。理想的なアプリケーション開発プラットフォームには、以下のような特性があります。

  1. 開発したアプリケーションを異なるモバイルデバイスに容易に移植可能
  2. 標準的なアプリケーション開発言語やスクリプト言語をサポート
  3. 単一で一貫した暗号化機能をサポート

こうしたアプリケーション開発プラットフォームを確立し、あらゆるモバイルアプリケーションに適用することで、アプリケーション管理の簡素化・効率化と将来にわたる互換性を実現できるようになるのです。

組織のモバイル活用を拡げる「アプリケーション管理プラットフォーム」

「モバイルアプリケーション管理基盤」では、アプリケーションの配布や設定、保守においても、互換性や使用状況の把握、ポリシー管理などを可能にする一貫した基盤=「アプリケーション管理プラットフォーム」も必要です。このアプリケーション管理プラットフォームに要求される主な特長は以下の通りです。

  1. 幅広いデバイスおよびモバイルOSとの互換性
  2. リモートでのアプリケーション配布やデバイス設定・保護機能
  3. 動的デバイス調査=デバイス利用のリアルタイム監視ができる
  4. デバイスのグループポリシー管理が可能
  5. 「アプリケーションストア」配布モデルのサポート

優れたアプリケーション管理プラットフォームは会社に最大限のコントロール能力をもたらすとともに、ユーザーによる設定や管理の負担を最小限に抑えます。この結果、コストパフォーマンスに優れた方法で組織におけるモビリティ活用の範囲を着実に広げていくことができるのです。

image01

今、多くの企業が新しいモバイルアプリケーションの大規模な展開を計画しつつありますが、今後もっとも成功するのは、使いやすく安全な操作性・利便性を従業員に提供できるモビリティを実現した企業だといえるのではないでしょうか。

参考:モバイルアプリケーション管理基盤の重要性

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)