「事業の多角化」や「市場環境の変化」に対応したAOKIホールディングスの新たな会計基盤


こんにちは、SAPジャパン経営管理ソリューション担当の高橋です。国内経済の景気回復の兆しがようやく見えてきたところですが、中長期的には各社各様のビジネス課題を抱えていることと思います。例えば成熟市場でリーダーシップを取られている企業では、いつまでもその地位に甘んじているわけに行かないため、新たな企業価値の創造と継続的成長のため、事業の多角化に踏み出されるケースもあると思います

今回は、2013年12月06日にSAPジャパンの本社セミナールームで開催された「UNDER ARMOUR と AOKIホールディングスに学ぶ、柔軟かつ高精度な予算策定・業績管理の仕組み」より、そんな多角化経営を推進されている企業、株式会社AOKIホールディングス 経営管理室の久保様の事例セッション内容をベースに、多角化経営を推進することによる経営管理上の課題と、その解決策についてご紹介します。

多角化経営の弊害:各社の独立システムのためにグループ経営情報の把握に費やす多くの時間と手間

Businesswomen walking on bridgeAOKIホールディングスは、言わずと知れたベストスタイリングストア「AOKI」とニュータイプスーツストア「ORIHICA」を展開する株式会社AOKIの持株会社です。さらに、ファッション事業以外に、「アニヴェルセル」のブランドで有名なブライダル事業、カラオケやカフェ運営などを行うエンターテイメント事業の「VALIC」を展開されており、「生命美の創造の実現」という事業コンセプトのもと、これら複数事業のシナジーによって、安定したビジネス基盤を実現されています。