モバイルコンシューマーITを使いこなして企業の生産性をアップさせるには


Portrait of man using digital tablet in domestic kitchen安価で高性能なスマートフォンやタブレット端末が急速に普及すると同時に、優れたアプリケーションの数も増加しています。そして、先進ビジネスユーザーは個人としてそれらモバイルコンシューマーITを賢く使いこなしています。使いやすいデバイスやアプリを用いることは、生産性向上にとってもプラスであり、業務にも用いたい。そんな声が日に日に高まっています。

一方、多くの企業における対応は管理面、セキュリティなどの理由により制限されているのが現状です。IDC社の調査によれば、「企業の知的財産の70%は、電子メールの形式でのみ保存されている」ということで、従業員であるユーザー個人のデバイスからデータ流出でもしたら、企業、従業員の双方にとって取り返しのつかないことにもなりかねません。慎重になるのは当たり前です。