タイムリーな情報収集とインダストリアルインターネットが実現する世界


2014年3月5日、日経ものづくり・日経テクノロジーオンライン・日経BPイノベーションICT研究所の主催により、「Factory 2014」と題したフォーラムが開催されました。本連載では3回にわたり、当日の内容をダイジェストでお伝えします。第1回は、GE Intelligent Platforms のバーナード・クビゾー博士による基調講演を、日本GE社の許可を得てお伝えします。

講演者:バーナード・クビゾー博士(Dr. Bernard E. Cubizolles , GE Intelligent Platforms グローバルビジネスデベロップメントマネージャー)

IoTの関連市場は8.9兆米ドルに

IMG_2543GEは、約130年前の創設以来、さまざまなハードウェア(産業機器)に多額の投資を行ってきましたが、近年は工場においてハードウェアのみならず、ソフトウェアソリューションを提供し、顧客の課題解決に貢献してきています。

講演者であるクビゾー博士の属するGE Intelligent Platformsは、さまざまな業種の工場や大規模プラント向けに、Human Machine Interface(HMI)やSupervisory Control And Data Acquisition(SCADA)を提供しています。これはリアルタイムでの監視や警報、制御機能などを備えたものです。開発された25年前から大きな変化はありませんが、顧客にとっては、これらなしではビジネスにならないという位置付けになっているとのことです。

クビゾー博士はこう述べました。「あらゆるモノにインターネットがつながる時代においては、産業においても、これまでよりも格段に進化したソリューションが可能になります。IDC社の2013年の発表によれば、グローバルでインターネットにモノがつながること(Internet of Things: IoT)により、2020年の関連市場は8.9兆米ドルになり、つながっているモノの数は2120億個になります。モノにつながるだけで、巨大な市場ポテンシャルがあります。そして、それを実現する技術は既に存在しています」