Industrie 4.0 -次世代ものづくり環境のための確かな道すじ


本連載では、2014年3月5日、日経ものづくり・日経テクノロジーオンライン・日経BPイノベーションICT研究所の主催により開催された、「Factory 2014」と題したフォーラムの内容を紹介しています。第2回は、Siemens AGのディーター・ウェゲナー博士による基調講演をシーメンス・ジャパン社の許可を得てお伝えします。

講演者:ディーター・ウェゲナー博士(Prof. Dr. Dieter Wegner, Vice President, Advanced Technology & Standards, Industry Sector, Siemens AG)

前回の内容はこちら
タイムリーな情報収集とインダストリアルインターネットが実現する世界

第4次産業革命で製造業は大きく変わる

photoウェゲナー博士はこの講演で、将来の製造業がどうなっていくべきかについて、技術的な観点から述べました。まずは、産業革命の歴史と製造業の変遷について以下のようにレビューしています。

「人類初の第1次産業革命は、1784年頃に水や蒸気で動く機器により製造を開始した時です。1870年頃に起こった第2次産業革命では電力を使い、大量生産を開始し、生産性が大幅に向上しました。そして1969年にはPLC(プログラマブル・ロジック・コントローラー)などを活用した生産の自動化が始まり、これが第3次産業革命となりました。そして今、我々を待ちうけているのが第4次産業革命で、『サイバー・フィジカル・システム』を活用することが主眼となるということです。そしてその到来時期は2030年頃と見ています。」

ウェゲナー博士は、第4次産業革命に向けて製造業が直面する課題は、以下の3点であると指摘しました。