M2M/IoTがもたらすビッグデータ活用の実際 ~お客様と共に生み出した先進事例から学ぶ~


本連載では、2014年3月5日に日経ものづくり・日経テクノロジーオンライン・日経BPイノベーションICT研究所の主催により開催された、「Factory 2014」と題したフォーラムの内容を紹介しています。最終回は私、SAPジャパンの大本による講演内容をお伝えします。

前回までの内容はこちら
Industrie 4.0 -次世代ものづくり環境のための確かな道すじ
タイムリーな情報収集とインダストリアルインターネットが実現する世界

リアルタイムでのビッグデータ処理が生命線

Exif_JPEG_PICTURESAPは創業42年ですが、過去30数年は、ERPなど基幹システム事業が主体でした。しかしここ7〜8年は分析系、モバイル、データベース、クラウドなど、ERP以外の事業が6割を占めるようになっています。企業のバックエンドシステムを提供するベンダーから、フロントエンドを支える事業に軸足が移ってきており、その中で今注目しているのがビッグデータです。

そもそも、ビッグデータとは何でしょうか。

「高ボリューム(Volume)、高速度(Velocity)、高バラエティ(Variety)の3つのVの情報資産のいずれか(あるいはすべて)であり、新しい形の処理を必要とし、意思決定の高度化、見識の発見、プロセスの最適化に寄与するもの」という定義があります(現ガートナーのアナリスト、ダグ・レイニーによる定義)。このようなビッグデータをリアルタイムで処理することにより、スピーディーに状況把握、分析、意思決定を行い、必要なアクションまでの時間を短縮し無駄をなくすことが重要と私たちは考えています。