グローバル調査が示す、モバイルコマースへのニーズとトレンド


いま世界のモバイル市場はどのような状況にあり、モバイルショッピングなどのサービスやアプリケーションに対するニーズは地域によってどう違うか。2013年3~4月に世界の4つの主要地域・17カ国で実施された調査結果をもとに、モバイルユーザーの動向を解説します。

約半数のユーザーが「入力の煩わしさ」や「セキュリティ」に懸念

Young women using cell phones in restaurantまず、世界的なモバイル利用の実態です。調査結果では、モバイル端末の用途としては当然ながら携帯電話による通話(79%)、次いでメール(62%)が挙げられています。さらに全地域を通じて半数(50%)の人々が、日常的にインターネットにアクセスし、また32%はショッピングなどのサービスを利用した経験があると答えています。モバイル端末の用途が「電話とメール」そして「インターネットとモバイルコマース」というのは、今や世界中どこでも共通のトレンドと考えてよいでしょう。

モバイルによるコミュニケーションやショッピングの利便性が高いことは、モバイルの利用に対する回答が非常に好意的であることからもうかがえます。「いつでも好きなときにデバイスを使える(51%)」、「移動中でも使える(51%)」、「利便性(50%)」、「スピード(50%)」などを評価ポイントに挙げ、多くのユーザーがモバイル端末ならではの長所や機能を享受していることがわかります。

しかし一方では、不安材料もあります。モバイルショッピングなどのサービス利用においては、「個人情報を入力することを負担に感じている」(46%)、「セキュリティに懸念を感じている」(45%)といった回答が見られ、モバイルに大きな価値を見いだしている人々とほぼ同数が、その利用に不安や懸念を感じている事実が読み取れます。