お使いのビジネスネットワークはスマートですか?


Executives shaking hands across the tableビジネスネットワークについては、数多くの間違った思い込みが多く、なかでも、EDI接続とアウトソーシング型のスキャニングソリューションは同じだと信じ込んでいる企業が多いようです。これらは同じではないと指摘するのは、Ariba社のネットワーク戦略担当バイスプレジデントであるジェームズ・マーランド(James Marland)氏です。ビジネスネットワークの重要性を積極的に発信している同氏は、こうした誤解を正したいと考えており、2014年4月8~10日にローマで開催されたAriba LIVE Romeでは、今日の企業におけるビジネスネットワークの役割を論じるセッションに登壇しました。

同氏によると、取引上の理由からビジネスネットワークを使い始める企業もありますが、実際には、取引活動そのものよりも、ネットワーク環境から得られる高度な情報にこそ大きな価値があるとのこと。ビジネスネットワークは、企業の情報資産の形成にも役立つのです。

Ardent Partners社の調査によると、請求書の75%近くは現在も紙で処理されています。マーランド氏が指摘するように、紙の請求書をベースとした情報活用には限界があります。ビジネスネットワークは、サプライヤー側のシステムからM2Mで請求書を直接送ることを可能にするため、今まで以上に多くの情報をリアルタイムでやりとりすることができるようになります。

ビジネットワークによる企業間コラボレーションの普及を後押しするビジネストレンドについて、マーランド氏にお話を伺いました。