後れをとる日本企業の「人材」施策。タレントマネージメントの新たなアプローチとは?


グローバルビジネスの隠れた課題

日本企業においては現在、ITのガバナンスを含めて、いかにビジネスのグローバル展開を効率的に進めていくかが、今後の成長の鍵を握る重要なテーマとなっています。それを実現するために、コア領域のモデル化によるグローバルテンプレートの活用とともに、エッジといわれる自社やローカルの特色を付加していく方法が模索されています。

しかし、仮にシステムのグローバル展開に成功したとしても、実はその先にも大きな壁があることに日本企業は気付き始めています。ガバナンスとは「人・モノ・カネ・情報」のすべてを含めた経営基盤の最適化に他なりませんが、グローバルビジネスの観点において、特に日本企業は「人材」に対する施策が、欧米企業や新興国と比較して著しく後れをとっています。

この人材管理の課題、タレントマネージメントの領域において、独自のメソッドと高度なコンサルティングで多くの企業を支援しているのがアビームコンサルティングです。同社のプロセス&テクノロジー第3事業部 SCMセクターのシニアマネージャーを務める畠山聡子氏は、今後のグローバル展開において必然的にクローズアップされていく人材の課題に対する指針とソリューションを次のように説明します。

「グローバル人材が足りないというのは良く聞かれることですが、実際にどういう人材が足りないのか、どういうスキルの人材が必要なのかが明確になっていないというのが実情ではないでしょうか。極端な例ですが、日本の本社に外国人を採用する際に、本当に日本語は必須なのでしょうか。ならば、日本人との違いをどこに求めているのでしょうか。重要なことは、まずは求める人材像を明確に定義することです。それを踏まえて、採用を行い、必要な研修プログラムを用意し、業務を経験させていくという一連のマネージメントサイクルが成立します。この人材面の施策を立てるには、採用から研修、実際の業務における経歴・スキルなど、“事実”を掌握するための共通基盤が不可欠となります。いわゆる、人材の“見える化”です。日本企業は国内における人材リソースの管理にはそれなりに取り組んできましたが、国内・グローバルを包含した共通のモノサシを構築できていません。その構築を含め、戦略策定から評価、仕組みの提供までをトータルで実装するのが、当社が提唱する戦略的タレントマネージメントです」

タレントマネジメントシステムに求められるファクター

当然ながら、人材の見える化を実現するためには、そのベースとなるシステムが必要となります。その中で、アビームコンサルティングが自社のグローバル人的資本管理(HCM)ツールとして採用したのが、タレントマネジメントシステム「SuccessFactors」です。同製品は採用、社員プロファイル、ラーニングなどのモジュールで構成されており、同社では社員プロファイルならびにラーニングを導入。社員プロファイルは採用時の評価から職務履歴、資格、スキル、実績評価など、人材の見える化を実現します。また、ラーニングは研修の受付から事後のアンケート集計まで、必要な機能を一貫してサポートします。特にラーニングにおいては日本初の導入となり、グローバル人材育成という観点で、同社はファースト・アドバンテージを構築しつつあります。なお、SAPは2011年12月に米国SuccessFactors社を買収しており、同社とのアライアンスのもとで日本におけるグローバルHCM領域に積極的なアプローチを行っていこうとしています。

「これまでは国産ツールを使用していましたが、グローバル対応という観点からSuccessFactorsの採用に踏み切りました。ちなみに当社では通年で100種類以上の研修コースをのべ数百回実施していますが、ラーニングとプロファイルとの連携により、より深く人材情報を掌握できるようになりました。もう1つ、導入の決め手となったのが、クラウドベースの仕組みであるということです。これは、投資面での効果はもちろんですが、将来への拡張性という意味でも重要なポイントだと考えています」(畠山氏)

タレントマネージメントのリアルタイム化

SAPと同社は、日本企業において新たな課題となるグローバルHCMの領域で足並みをそろえてアライアンスを強化する一方、2012年4月にSAP新社屋内に共同プロジェクトルームとなる「アビーム・SAPイノベーションセンター」を開設しています。同センターの目的はSAP HANAを核とするインメモリーコンピューティング、モビリティ、ビジネスアナリティクスといった最新技術を駆使した新たなソリューションの創出が中心になりますが、実はHCM領域においても、これらの最新技術とのインテグレーションが重要な意味を持つと期待されています。

「HCMとモバイルが連携すれば、必要に応じてリアルタイムにデータを抽出したり、個々のモバイル端末からHCM側にデータをアップデートすることも可能となります。ここで重要なポイントは、いわゆる月次のルーティンではなく、リアルタイムな情報が得られるということ。また、たとえば、事業部長レベルの平均年齢が上昇しているということが感覚として分かっていたとしても、これまではそれが事実であるかどうかは、マニュアルでデータ収集・分析しないと確認できませんでした。ところが、アナリティクスを利用すればたちどころにそれが実証できる。このようにアナリティクスの領域で多角的な分析を行えば、いままで解決できなかったタレントマネージメントの課題が新たな段階を迎えることは間違いありません。また、グローバル企業においては、当然、人事情報も膨大化していきます。その際にはSAP HANAとの連携が期待されていくはずです」(畠山氏)

なお、6月12日(火)に東京で開催されるSAP Forumでは、「グローバル成長を加速させる新人材マネジメントの実際」というテーマで、アビームコンサルティングが提唱する人材戦略とその成功事例、および関連する人材ソリューションについて具体的な紹介を行います。また、6月 6日(水)の大阪開催では、「国際競争に勝ち抜くためのグローバル経営基盤強化」というテーマで、グローバル規模のプロジェクトにおいて成功の鍵となる“ガバナンス”に焦点を当て、アビームコンサルティングが考えるグローバルでガバナンス強化・実現ポイントについてのセッションがあります。いずれも、ご期待ください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)