柔軟なリソース変更が可能なAWSでBIシステムの構築に成功したノエビアホールディングス


みなさんこんにちは、SAPジャパン瀬尾です。今回は、株式会社ノエビアホールディングスがアマゾンウェブサービス(以下、AWS)上にSAP BusinessObjects Business Intelligenceを導入された事例をご紹介させていただきます。

NOEVIR-TOKYO_064 - Copy株式会社ノエビアホールディングスは、みなさんご存知の化粧品メーカーである株式会社ノエビアと、医薬品や食品、化粧品などを取り扱う常盤薬品工業株式会社(眠眠打破にはお世話になったことがある方は多いのでは?)を主要事業会社とする持株会社です。現在は、基礎化粧品やメイクアップ化粧品などの化粧品事業や一般用医薬品や食品の製造販売事業を通して、美と健康の創造に取り組まれているお客様です。

分析基盤におけるノエビアホールディングスの課題とは?

以前より化粧品事業を展開するノエビアでは販売代理店の売上分析やマーケティング分析、さまざまな資料作成用途を目的にBIシステムを導入していました。BIシステムを導入して数年後、当初の想定以上のデータの増大に対してインフラリソースを柔軟に増やすことができず、結果としてレスポンスの低下がシステム運用の課題となっていました。また分析基盤の硬直化により、ビジネスニーズによっていろいろと変わる業務部門からのデータ抽出の要望に対して容易に対応できないこともシステム部門の悩みでした。

情報システム部課長の滝川さまは、「化粧品の場合、ライフサイクルが1年~5年と長いものもあります。商品をリニューアルする際、過去の売上を年齢層別などで分析したいと思っても、従来の環境では利用できる分析軸が限られ、またハードウェアリソースの限界からデータの蓄積期間にも限度があったため、長い年数をさかのぼることができませんでした。そこで長期にわたる期間でさまざまな分析軸に対応できる、拡張性の高い分析ツールの導入を検討しました」とおっしゃっています。

検討の結果選ばれたのはSAP BusinessObjects BIとAWS

SAP BusinessObjects BIの導入は2013年1月からスタートし、システム環境の構築、データの追加、ユーザー教育を経て2013年3月から本格的な活用を開始しました。採用の決め手は?とお聞きしたところ「データベース用語をビジネス用語にマッピングするユニバースというSAP BusinessObjects BIの仕組みにより、データ構造の知識がなくても自由に分析ができるようになる点です。また、バックエンドのデータベースを問わないマルチデータソース対応も選定のポイントでした。」と滝川さまはおっしゃっていました。まさにSAP BusinessObjects BIの一番のポイントですね。

AWSによるインフラ基盤の短期構築により、ノエビアホールディングスはわずか2カ月で本稼動を実現しています。本格稼働までをふりかえってスピード以外に体感されたAWSのメリットをお聞きしたところ、「データを追加していく段階で想定以上にディスク容量が膨らんだ際も、AWSのコンサルティングパートナーに容量追加を依頼し、わずか30分足らずで対応できました。従来のBIシステムでは考えられない拡張性です。」と滝川さまがおっしゃっていたのも非常に印象的でした。

また、「オンプレミスと比較してどれくらい全体の初期投資に差がでましたか?」とお聞きしたところ「オンプレミス環境で構築した場合と比較して約1,000万円の削減が実現しています。」こちらにはインフラリソースの最適化による保守/運用コストの軽減も見込まれているとのことです。

今後のBI基盤拡張のご予定は?

現在は、ノエビアホールディングスの経営企画、商品企画、販売企画部門においてSAP BusinessObjects BIを使った分析や営業資料/経営資料などの作成を行っていらっしゃるとのこと。当初分析軸は、最も利用頻度の高い販売代理店別の日別実績と月別実績、明細の出力をまず実現し、今後はリクエストに応じて新たな分析軸を提供していくとのことでした。

最後に、システム部門のご負担は以前の仕組みと比べていかがですか?とお聞きしたところ「ユーザー自身で自由にデータを検索、抽出して分析できるようになったため、情報システム部門の負荷がかなり軽減されました。」とニコニコ顔で滝川さまはおっしゃってくださいました。

導入のポイント

  • クラウド活用により、短期導入と柔軟なリソース拡張が実現
  • 初期投資をオンプレミスでの導入に比べて大幅に削減
  • 誰でも簡単に自由分析ができる情報基盤の構築

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)