ビッグデータ活用、処理の高速化。それだけでは価値創造につながらない理由とは?


一般的な「ビッグデータ」への取り組みが現在どのような段階にあるか、客観的に見ると、現在は「データを蓄積している段階」もしくは「蓄積データを利用可能な形に加工できるようになった段階」と言えるでしょう。しかし、本来目指すべき「目的」や「価値」に至るにはどこに着目すべきでしょうか?

本稿では、ビッグデータ活用を「価値創造」につなげるために着目すべきポイントを、中国有数の飲料メーカーであるNongfu Spring社の事例を交えて解説します。