最新の記事

記事総数:1

コンチネンタル – SAP Vehicle Insightsを活用してライブビジネスを可能に

クルマというのは不思議なもので、他のあらゆる世の中の製品と比べて、特段、社会との関わりで語られてきたし、また、今も語られ続けています。ポジティブな語りとして、曰く、所有は社会的ステータスや成功のシンボルであったり(いつかは〇〇〇〇)、若者を高揚させる走る喜びであったり、あるいは、人やモノを自由に移動させる重要なインフラだったりします。一方で、ネガティブな語りとして、交通戦争を引き起こした代物、環境破壊の元凶などと社会的非難の対象になってきました。そして、今、クルマの「周縁」で、「クルマに関わること」で何かを起こそうという動きが注目されるようになってきました。それは、「社会の側からの新しい、当然の働きかけ」なのか、クルマの周りに群がることで「何か新しい儲けを企てるもの」なのか、今はまだ判然としません。社会とクルマは、ポジとネガと周縁で関わるなんだかよく分からないモノの三つ巴で、複雑な関係性を呈しているように見えます。


読み込み中