最新の記事

記事総数:202

フェアトレード実現に向けた最新テクノロジーの活用:ブロックチェーンによるサプライチェーン管理の有効性

IoTやマシンラーニング、ビッグデータといった先端技術を基幹システムのデータと組み合わせてイノベーションを推進するSAP Leonardoソリューション。今回は、ブロックチェーンを活用して、サプライチェーン全体のヒト・モ ...


新たな事業の創出と成長に向けたグローバル人材の育成戦略の最前線―SAP HR Connect Autumn 2018 パネルディスカッションレポート

2018年11月7日(水)に東京・汐留で開催されたSAP HR Connect Autumn 2018では、「人事こそ最強の経営戦略」と題したパネルディスカッションが展開されました。ディスカッションに参加した、オムロン株式会社 執行役員 グローバル人財総務本部長の冨田雅彦氏、またSAPジャパン株式会社 代表取締役社長の福田譲によるディスカッションの模様をお伝えします。


クラウドERPへの移行のポイント – 運用体制を整えて移行によるデメリットも理解する

情報を一元化し、迅速な経営判断をくだせるよう、多くの企業でERPが導入されています。近年ではその利用環境に変化が起こり、ERPをクラウドに移行する企業が増えています。クラウド化には様々なメリットがあり、導入により多くのこ ...


クラウドERPの特長を活かした3カ月サイクルの機能アップデート―ビジネスに最適化されたSAP S/4HANA Cloud

クラウドERPの価値をお伝えすべく、2018年10月10日に開催されたSAP×Deloitte共催セミナー「導入企業に学ぶ、グローバル展開とクラウドERPの親和性」。このブログでは、SAPジャパン株式会社 SAP S/4HANA Cloud事業本部 植木貴三のセッション「Cloud journey with SAP S/4HANA Cloud ~ERPクラウド化のメリットを最大限享受する~」をレポートします。


クラウドERP導入プロジェクト事例 – 日立ハイテクノロジーズ – 追加開発が積み上がったERPのクラウド化

クラウドは企業ITにとって欠かせないインフラとなった。最近では基幹システムのクラウド化を検討する企業も増えている。実際、ERPベンダーの売り上げもIaaS/SaaSビジネスが右肩上がりで上昇しているという。2020年度には、オンプレミスとクラウドの比率が逆転するという予測もある。しかし、IaaSならまだしも、SaaSとしてERPを利用するとなると、そう簡単な話ではないという声も多い。背景にあるのが、日本企業ならではのカスタマイズ、アドオン開発だ。


クラウドERPへの移行における課題 – SAP S/4HANA Cloudを選択する理由(2)

SAP ERPは1992年に前身となる「SAP R/3」が発表されてからというもの、20年以上ERPの業界を牽引してきました。今もなお多くのユーザー企業に支持され、日本では現在すでに2000社以上がSAP ERPを導入していると言われています。企業向け基幹システムとして長期にわたって高い信頼と実績をもつSAP ERPですが、その企業における存在感ゆえに大きな課題にも直面しています。今回はその課題に対する解決策でもある、最新のクラウドERPであるSAP S/4HANA Cloudの有効性と選ぶべき理由について、わかりやすくお伝えします。


SAP S/4HANA Cloud 1805の新機能と特徴をご紹介(2)

次世代クラウドERPのSAP S/4 HANA Cloud 1805ではインテリジェントクラウドERPとしての立場をさらに明確にするために、企業にとって有益なさまざまなデジタルイノベーションを提供します。今回のリリースでは320ものスコープアイテムに110ものスコープアイテムの強化、そして、39もの新しいスコープアイテムを導入しています。その中には、機械学習の革新やデジタルアシスタンスSAP CoPilotを利用した音声認識機能の活用、さまざまなアプリケーションとの連携など、よりインテリジェントなシステムが増えています。



インテリジェントエンタープライズの時代に SAPのマシンラーニングが果たす役割(第1回)

インテリジェントエンタープライズの中核となり、SAP Leonardoの要素の1つであるマシンラーニング。第一回の今回は機械学習機能による入金消込の自動化を行うSAP Cash Applicationのご紹介とPoCを実施された、イーグル工業様の事例をご紹介します。


業種ごとに適したERPを選んで導入を成功させる

ERPは、企業の重要な情報を管理するためのシステムです。実際の業務内容に即した運用が行えれば、導入により大きな成果が期待できます。しかし導入するに当たり、機能面等の確認を疎かにすると、運用を始めてから不具合が生じたり、操作性の不適合などで失敗に終わる可能性もあります。ERPのような基幹システムの導入や変更は、何度もできるものではありません。自社の経営効率を上げるためには、どんな形で導入することが適しているのか、よく検討してから決定することが重要です。その点、業種ごとに最適化されたERPならば、実際の会社の業務環境に適する確率も高まります。この記事では、業種ごとのERPにどのような特徴があるのかを見ていきます。



SAP S/4HANA Cloud 1802の新機能と特徴をご紹介

次世代クラウドERP のSAP S/4HANA Cloudは「ビジネスをより一歩先へ」をすばやく実現し、導入企業を競合他社よりも優位な立場に立たせます。グローバル企業のさまざまな業務プロセスを統合し、ビジネスにとって重要な幅広い業務をサポートします。SAPのクラウドERPは、四半期ごとのバージョンアップを行っているので常に新しいシステムを利用できるのも魅力の1つです。


過去に学び、未来を切り開く、Purpose-Led(目的主導型)のイノベーション―防災シンポジウムin 日田 九州北部豪雨災害からの教訓 レポート

地域における防災・減災力の向上を目指し、大分大学が過去8 回に渡って県内各地で開催をしてきた「防災シンポジウム」。これまでの歩みの中で、大分県には集中豪雨や地震、土砂などによる大きな災害が頻発していることから、県民個々の ...


次世代型クラウドERP ー 注目の「SAPS/4HANACloud」

企業は、いまや経営に不可欠なIT化にさらなる力を注いでいます。各部署ではさまざまなソフトを使用していますが、専門的なエンジニアが不足している中、業務効率と使い勝手を考慮したソフトの選定やスリム化など、社内で検討しなければいけないことが山積みです。
そんな課題に目を向け、業務効率はもちろん、高品質で柔軟性を兼ね備えた基幹システムへ移行を進めている企業も増えています。
そこで、基幹システムのクラウド化について、導入をおすすめする理由についてご紹介していきます。



クラウドERPの導入を開始するためのシンプルな4つの方法

本記事は、これからクラウドERPの導入を検討されている方だけでなく、すでにオンプレミス環境にERPを導入しており、クラウドERPへのマイグレーションを検討されている方を対象にクラウドERPの導入フローについて紹介しています。導入フローはシンプルな4つのステップ(試す、導入、移行、活用)であり、これらのステップを踏むことで導入、マイグレーションが実現できます。



クラウドERP導入で実現する会計業務の4つの改善と変革ーそのメリットとは?

会計ルールを従来の日本基準から国際会計基準(IFRS)に移行する企業が増えています。ビジネスのグローバル化やM&Aの推進、海外からの資金調達などをスムーズに実施するには、会計処理も世界標準にしなければならないからです。会計業務の改善と変革は、企業にとって喫緊の課題ではないでしょうか。


クラウドERP導入は実際どのようなステップで行われるのか

クラウドERPの導入を考えている企業様向けに、準備から運用までの一連のフローをご紹介します。
実際にERPの運用をして、業務の最適化を行うには、入念な準備が必要です。費用対効果をしっかりと見定めイノベーションに取り組みましょう。
ここでは、オンプレミスとクラウド型のシステムのフローをご紹介します。





IT活用によるビジネス変革の促進

ビジネス変革の実現においては、IT部門が業務の枠を超えて現場のニーズを深く理解し、その中で最先端のテクノロジーやソリューションをいかに有効活用していくかが重要です。インテルがSAPとのパートナーシップを通じて、約10年前 ...


サプライチェーン管理の最適化

ますます複雑化するサプライチェーン管理は、業種を問わず多くの企業に共通する経営課題の1つです。インテルとSAPは長年にわたりビジネスパートナーとして、さまざまなソリューションの共同開発を行ってきました。「SAP HANA ...




インダストリー4.0、Society 5.0時代のインテリジェントエンタープライズの実現とは:SAP NOW基調講演レポート

2018年8月2日に開催された年次カンファレンス「SAP NOW」。SAPジャパン代表取締役社長の福田譲とSAP Chief Innovation Officerユルゲン・ミュラー、そして、ドイツ工学アカデミー(acatech)評議会 議長 へニング・カガーマン氏による講演の模様をレポートします。


オープンイノベーションを推進する「JAL Innovation Lab」 100社超のパートナーと多彩なサービスを開発

格安航空会社(LCC)の台頭もあって競争が激化する航空業界。受けて立つ国内大手の日本航空株式会社(以下、JAL)は、安全運航はもちろんのこと、搭乗前から搭乗後までお客様の快適性を向上する取り組みを進めています。その一環と ...


SAPクラウドERP導入事例 – SAP S/4HANA Cloudは企業が変革する“きっかけ”

株式会社アイ・ピー・エスは、創業以来20年以上にわたり顧客の基幹業務における業務品質を追求するためにSAP ERPシステムの導入、保守サービスを提供するプロフェッショナル集団です。同社は、自社の基幹系システムをいち早くSAP S/4HANA Cloudに移行しました。これは単にオンプレミスの基幹系システムをクラウド化する取り組みではありません。パブリッククラウドは、企業そのものが変革するきっかけとなるものでした。



クラウドERP導入効果と4つの強みとは

昨今のサービスクラウド化の流れは、ERPを利用する環境にとっても例外ではなく、オンプレミスからクラウド環境に移行が進み、そのことによって様々なメリットが生まれています。ここでは「SAP S/4HANA Cloud」を例に、クラウドERPの強みや、そのメリットについて紹介していきます。


失敗のないERP導入を目指すには?-確認したい4つのポイント

ERPは企業に必要な業務を効率化してくれる非常に便利で優秀なシステムです。しかし、ERPの導入に失敗してしまう企業や、導入に成功したとしても活用いただけていない企業も多く存在します。特にERPの導入によって業務が煩雑化するというのは残念なことです。ここではERPの性質と導入に失敗してしまう理由を取り上げました。


ありたい将来を、今すぐに。Design Thinking × Usuki ワークショップレポート~国際的なスポーツイベントの日本開催を持続可能なまちづくりに繋げる~

臼杵市が「デザインシンキング」を用いたワークショップの実施により、1つでも多くの地域課題が解決へと向かうことを共に願い、SAPグローバルテクノロジーパートナー・インテル社とSAPジャパンが共同でイベントを開催しました。


多様な考え方こそがイノベーションの源泉となる。
日産自動車のダイバーシティ戦略

グローバル化した世界で企業が成長を続けていくには、さまざまな価値観、文化を取り入れてビジネスに活かすため、ダイバーシティの推進が不可欠です。SAPでも各国でダイバーシティ促進に取り組んでおり、SAPジャパンにおいても活動 ...



潜在的な不正を排除し、ビジネス・インテグリティを維持する仕組み作り

企業や組織における不正や不祥事が明るみに出ると、信用が失われ、取り返すまでにかかるコストや代償は計り知れない。企業組織におけるビジネス・インテグリティ(完全性、整合性)を保つ為には、何を考え、何を整備する必要があるのか、機械学習などの最新テクノロジーの活用も踏まえながら紹介する。


間接費最適化のベストプラクティス ~利益体質への変革~

日本企業の利益率は欧米企業と比べて低く、その原因の一つは間接費の管理レベルの低さにあると言われています。しかし2016年9月に電子帳簿保存法が規制緩和され、経費精算処理の生産性向上の可能性が大きく広がっています。最新テクノロジーを活用した理想的な経費管理について説明します。


SAP Leonardoにより進化するデジタル時代の財務経理組織の在り方と デジタルファイナンスプラットフォーム

多くの企業のCFO部門が、デジタルテクノロジーを活用し始めています。SAPが実施した組織/人、ルール、業務プロセス、ITの「四位一体」のファイナンストランスフォーメーションを紹介。さらに、SAP Leonardoによる、ファイナンス領域における機械学習の活用について解説します。


デジタル時代のERPの姿とは? Fit to Standardの価値

デジタル化の波は、企業内のさまざまな領域に急速な変化を促しています。デジタル経営・中核の核となるERPを、SAP S/4HANA Cloud Public Option によって、どのように環境変化やデジタル化に対する強みに変えられるのかについて解説します。


デジタルトランスフォーメーションを通じてさらなる顧客サービスの向上を目指すアフラック

がん保険のパイオニアとして知られるアフラック生命保険は、将来を見据えたIT投資によって着々とデジタルトランスフォーメーションを進めています。SAPのソリューションを活用した攻めのIT戦略について、コーポレートIT室 室長の日下部淳氏に伺いました。


読み込み中
1 / 6123...