最新の記事

記事総数:218

あらゆる企業にデジタル変革の可能性がある
〜 多様なデジタル変革事例が明示する法則とは 〜

デジタル変革は「さまざまなテクノロジーの進化を起点に、新たな価値を創出すること」と定義することができます。7月29日に実施されたSAP Forumでは、従来の手法や範囲を超えた新たなビジネスの実践例を交えながら、デジタル変革の法則をご紹介しました。


マクラーレン・ホンダのレーサー、ジェンソン・バトンがSAPジャパンに登場
– F1レースに起きたデジタル変革とは –

F1日本グランプリに合わせ、マクラーレンのマーク・ノリス氏が「F1レースに起きたデジタル変革」について講演しました。特別ゲストとしてジェンソン・バトン氏が登場し日本グランプリにかける思いを語りました。


SAPが推進する「デジタル=Live Business」戦略

デジタル化(Digitalization)は、第4次産業革命の重要キーワードの1つであり、そこにはビジネスの変化と技術のトレンドが大きく影響しています。7月29日にグランドプリンスホテル新高輪で開催されたSAP Foru ...


デジタル革新が描くビジネスの未来を具体化する

これまでのハードウェアが中心となって牽引してきたビジネスが大きな変貌を遂げ、現在はソフトウェアが主導する世界になりつつあります。このデジタル革新の時代においては、これまでの発想を180度切り換え、真にデジタルを活用したビ ...




イノベーションを生む会社の経営戦略

7月28-29日にわたって開催されたSAP SELECT、SAP Forumの締めくくりとなる特別講演「イノベーションを生む会社の経営戦略」は、星空のもとキャンプ場でたき火を囲んで対話するようなセットが組まれたステージに ...


イノベーションの実践
〜人を動かす、会社を動かす、ビジネスを変える〜
眼前に立ちはだかる障壁を乗り越えるために何をすべきか

企業の持続的な成長や国際競争力の向上にはイノベーションが不可欠ですが、いざ実践しようと思ってもさまざまなハードルに直面します。「本当にうまくいくのか?」という疑念をクリアするまでは周囲からの風当たりも少なくない中、果敢に ...




デジタル化社会に向けた協業が電力と自動車の新たな未来を描く

ユーティリティ分野におけるデジタルトランスフォーメーションの可能性を探るセッションが、7月29日のSAP SELECT内、公益事業向けトラックで行われました。東京電力と日産自動車のコラボレーションにより進められている電力事業のデジタル化とEV(電気自動車)の活用を取り上げた、「業界連携によるデジタル化社会~充電インフラの設備とデジタル化の未来」のパネルディスカッションをご紹介します。


経済産業省とアニメーション監督が描く未来の素材とは

7月29日のSAP Select内、プロセス業界向けトラックで行われました。【「日本の素材産業が飛躍する鍵は『発想力にあり』」~『あったらいいな』が実現する新しいビジネスの可能性】と題して、登壇者たちが業界の違いを超えて活発に意見を交わしたパネルディスカッションの様子をご紹介します。




SAPPHIRE NOW 2016 基調講演レポート- SAP CEO : Run Live, Run Simple –

SAP最大の年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW」が、2016年5月17日から19日にかけて米国フロリダ州のオーランドで開催されました。世界中から参加者を集めて行われた初日の基調講演には最高経営責任者(CEO)のビル・マクダーモットが登壇し、この数年SAPが推進するビジネス戦略について力強いメッセージを発信しました。またパネルディスカッションでは、SAPのビジネス戦略の一翼を担うSAP Ariba、Concur、SAP SuccessFactorsなどグループ経営陣のほか、SAP HANAユーザー企業も発言。さらに、長年にわたりパートナー関係にあるマイクロソフト社、インテル社のCEOと語り合うなど、これからのエコシステムのあり方やSAPのソリューションが未来のビジネスにもたらす可能性について、多彩な意見交換が行われました。



情報活用サービス「BIクラウド」での協業を通じて、富士通とSAPが描くBI市場の未来

SAP は世界で1万社を超える企業とパートナー契約を結んでおり、その中で多くのパートナー企業の皆様はSAP の OEMプログラムを活用して、それぞれの得意分野で独自のソリューションを展開しています。今回は、日本国内のSAPパートナーの中でもひときわ大きな実績を誇る富士通株式会社がSAP BusinessObjectsをベースに提供するSaaS型情報活用サービス「BIクラウド」をご紹介します。


介護・福祉分野のベストセラーソフト「ほのぼのシリーズ」の評価を支えるSQL Anywhereの差別化ポイント

インストールや運用が簡単で、モバイルから中・大規模システムまで対応可能な自己管理型データベースSAP SQL anywhere(以下、SQL Anywhere)。今回は医療・福祉の分野で大きな実績を持つNDソフトウェア株式会社に、SQL AnywhereをOEM導入した成果やメリットについて伺ってみました。

















次世代の子どもたちに何を残し伝えていくか?「岡田メソッド」にみる人づくり、組織づくりの極意

サッカー日本代表監督として数々の実績を収め、2014年11月には四国サッカーリーグ・FC今治のオーナーに就任して大きな注目を集める岡田武史氏。現在は世界に通用する日本選手育成のための「岡田メソッド」をはじめ、積極的なデータ活用を通じた独自の視点で日本サッカー界の「育成改革」と「地方創生」に取り組んでいます。





SAP S/4HANAとIoTで実現するインダストリー4.0とは

製造業の競争力を高めるためには、SAP S/4HANAのリアルタイム性とそれを支えるクラウド基盤、さらにこれらにIoTが有機的に結びついた「インダストリー4.0」が欠かすことができません。ビジネスが「モノ」から「コト」へとシフトしていく中で、SAPはビジネスの再創造に向けたどのような未来絵図を描いているのか? 


SAPという共通言語で進むグローバルの意思疎通 -ソディックのグローバル展開

SAP ERPでグローバルシングルインスタンスによる情報基盤を構築し、会計処理の大幅な効率アップはもちろん、本社と各子会社間の会計基準の統一化や課題共有を成功させた株式会社ソディック 代表取締役 副社長の古川健一氏に、一連の取り組みについてお伺いしました。


貿易管理業務のメジャーソフト「TOSSシリーズ」に自己管理型DB「SQL Anywhere」を採用したバイナル

SAPパートナーであるISVの皆様がOEMプログラムを活用して付加価値の高いソリューションを提供する業種・業界は多岐にわたります。貿易業務支援に特化した専業ベンダーとして、創業以来一貫して高度なソリューションを提供し続ける株式会社バイナルが、自社のパッケージソフトのデータベースとして、SQL Anywhereを採用した背景について、同社の営業部 部長を務める山口達也氏にお話しを伺いました。


読み込み中
3 / 6...234...