最新の記事

記事総数:233

データと事例で理解する~製造業の課題解決に、IoTという選択肢を~

ここ数年多くの議論が交わされてきたIoT(Internet of Things:モノのインターネット)。言葉自体は普及したものの、実際に導入している企業はまだ少数です。最先端のテクノロジーであるIoTは、ともすれば大企業が「未来への投資」として導入しているにすぎない、とさえ考えている人もいるでしょう。しかし、実はIoTは製造業が抱えている根本的な問題を解決し、業績を伸ばすソリューションなのです。「現実的選択肢」としてのIoTをデータと事例を参照しながら解説します。


新たなイノベーションフレームワークが生み出すビジネスの可能性とは? – SAP Leonardo Executive Summitレポート

イノベーションの推進を支援する新たなフレームワークとして、各方面から熱い視線が注がれている「SAP Leonardo」。日本においては、2017年10月からSAP Leonardoの導入を支援する「SAP Leonardo Innovation Services」の提供もスタートし、活用に向けた期待が高まっています。


クラウドERPとBIの連携効果は? – 経営課題の解決は可視化から

「ビッグデータ」「IoT」などの業務現場のデータ活用が注目されています。これらのデータ活用は、IoT時代のものづくりに欠かせないものです。ただ、こうした現場由来のデータは業務現場の設備やシステムから発生していることも多く、情報システム部門の管轄ではないということも多いのではないでしょうか。経営の「見える化」の推進に向けた、IoT時代のクラウドERPとBI(ビジネスインテリジェンス)の連携を考えていきましょう。


元JSUG会長に聞く、真のデジタルトランスフォーメーションに向けて企業トップが先頭に立った取り組みを

2017年8月2~4日、東京・グランドプリンスホテル新高輪においてSAP SELECT、SAP Ariba Network Live、JSUG FOCUS 2017、SAP Forum Tokyoという一連のSAPカンファレンスが開催されました。加速するデジタルトランスフォーメーションのなかで、「今こそ、日本がふたたび世界をリードする存在に」というテーマが問われた今回のイベントの意義について、元ジャパンSAPユーザーグループ(JSUG)会長で、現在は慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュートの研究支援アドバイザーとして活躍されている都築正行氏に伺いました。


日本発のイノベーションに世界が注目 – 加速するデジタルトランスフォーメーションの現在

デジタルトランスフォーメーションは昨年まで、「世界で」すでに始まっているという印象だったものが、現在は「日本の」という枕詞とともに紹介できるようになっています。SAP Forum Tokyo 2017で、SAPジャパン 代表取締役社長の福田譲が基調講演の冒頭で語ったとおり、日本発の試みがいま注目を集めています。


今こそ、日本がふたたび世界をリードする存在に – SAP SELECT Tokyo 2017基調講演

SAP SELECT Tokyo 2017の基調講演「It‘s time. 今こそ、日本がふたたび世界をリードする存在に。」で、SAPジャパン 代表取締役会長の内田士郎が最初に指摘したのは、第4次産業革命が日本でもようやく動き出し、業種を超えたコラボレーションが始まっていることでした。


意外と知らないAI(人工知能)進化の歴史 – 過去にもブームがあった!?

最近話題のAIは、決して突然発明されたものではありません。AIとは何かをより深く知るために、コンピュータ黎明期の1950年代から続く開発史と最新の取り組みについてご紹介します。また、AIに代替される業務が現れるなかで人間にしかできない仕事とは何かについても考えていきます。


IT担当者がプロフィットセンターのリーダーに!?データ分析で真価を発揮するITプロの役割とは?

従来は社内の「困った」を解決する役割が主だったIT部門ですが、最近では事業への直接的な貢献が求められるようになってきています。裏を返せば、ビジネス拡大においてITはますます重要度を高めているのです。ITの役割の変化、さらにデータ分析とIoTの活用について解説します。


Connected Industries 構想におけるデータ活用の未来とは?

経済産業省は、次世代の産業構造として「Connected Industries」を提唱しています。この産業構造では、AI等の先端技術を活用した異業種のコラボレーションが特に重要です。こうした文脈におけるデータ利用権限の取り扱い、すなわちデータオーナーシップについて解説します。


SAP中部フォーラム9月開催! – 『今こそ始める経営におけるデジタルトランスフォーメーション』経営革新の事例でチャンスをつかむ

SAP中部フォーラムが9月12日に名古屋で開催!ー「今こそ始める経営におけるデジタルトランスフォーメーション」と題し、変革を実現された企業の事例や、その革新を支えるための様々なソリューションをセッションを通じ皆様にお届けします。



データマイニングを進化させる機械学習の台頭 日本のAIビジネスの進化を阻むものの正体は?

ビッグデータ分析から新たな知見を得るデータマイニングは、AI(人工知能)と融合することによって新たな次元に突入しています。こうした「データマイニング×AI」の最新動向を、AIに関する基礎知識と調査報告を参照しながらご紹介します。





あらゆる企業にデジタル変革の可能性がある
〜 多様なデジタル変革事例が明示する法則とは 〜

デジタル変革は「さまざまなテクノロジーの進化を起点に、新たな価値を創出すること」と定義することができます。7月29日に実施されたSAP Forumでは、従来の手法や範囲を超えた新たなビジネスの実践例を交えながら、デジタル変革の法則をご紹介しました。


マクラーレン・ホンダのレーサー、ジェンソン・バトンがSAPジャパンに登場
– F1レースに起きたデジタル変革とは –

F1日本グランプリに合わせ、マクラーレンのマーク・ノリス氏が「F1レースに起きたデジタル変革」について講演しました。特別ゲストとしてジェンソン・バトン氏が登場し日本グランプリにかける思いを語りました。


SAPが推進する「デジタル=Live Business」戦略

デジタル化(Digitalization)は、第4次産業革命の重要キーワードの1つであり、そこにはビジネスの変化と技術のトレンドが大きく影響しています。7月29日にグランドプリンスホテル新高輪で開催されたSAP Foru ...


デジタル革新が描くビジネスの未来を具体化する

これまでのハードウェアが中心となって牽引してきたビジネスが大きな変貌を遂げ、現在はソフトウェアが主導する世界になりつつあります。このデジタル革新の時代においては、これまでの発想を180度切り換え、真にデジタルを活用したビ ...




イノベーションを生む会社の経営戦略

7月28-29日にわたって開催されたSAP SELECT、SAP Forumの締めくくりとなる特別講演「イノベーションを生む会社の経営戦略」は、星空のもとキャンプ場でたき火を囲んで対話するようなセットが組まれたステージに ...


イノベーションの実践
〜人を動かす、会社を動かす、ビジネスを変える〜
眼前に立ちはだかる障壁を乗り越えるために何をすべきか

企業の持続的な成長や国際競争力の向上にはイノベーションが不可欠ですが、いざ実践しようと思ってもさまざまなハードルに直面します。「本当にうまくいくのか?」という疑念をクリアするまでは周囲からの風当たりも少なくない中、果敢に ...




デジタル化社会に向けた協業が電力と自動車の新たな未来を描く

ユーティリティ分野におけるデジタルトランスフォーメーションの可能性を探るセッションが、7月29日のSAP SELECT内、公益事業向けトラックで行われました。東京電力と日産自動車のコラボレーションにより進められている電力事業のデジタル化とEV(電気自動車)の活用を取り上げた、「業界連携によるデジタル化社会~充電インフラの設備とデジタル化の未来」のパネルディスカッションをご紹介します。


経済産業省とアニメーション監督が描く未来の素材とは

7月29日のSAP Select内、プロセス業界向けトラックで行われました。【「日本の素材産業が飛躍する鍵は『発想力にあり』」~『あったらいいな』が実現する新しいビジネスの可能性】と題して、登壇者たちが業界の違いを超えて活発に意見を交わしたパネルディスカッションの様子をご紹介します。




SAPPHIRE NOW 2016 基調講演レポート- SAP CEO : Run Live, Run Simple –

SAP最大の年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW」が、2016年5月17日から19日にかけて米国フロリダ州のオーランドで開催されました。世界中から参加者を集めて行われた初日の基調講演には最高経営責任者(CEO)のビル・マクダーモットが登壇し、この数年SAPが推進するビジネス戦略について力強いメッセージを発信しました。またパネルディスカッションでは、SAPのビジネス戦略の一翼を担うSAP Ariba、Concur、SAP SuccessFactorsなどグループ経営陣のほか、SAP HANAユーザー企業も発言。さらに、長年にわたりパートナー関係にあるマイクロソフト社、インテル社のCEOと語り合うなど、これからのエコシステムのあり方やSAPのソリューションが未来のビジネスにもたらす可能性について、多彩な意見交換が行われました。



情報活用サービス「BIクラウド」での協業を通じて、富士通とSAPが描くBI市場の未来

SAP は世界で1万社を超える企業とパートナー契約を結んでおり、その中で多くのパートナー企業の皆様はSAP の OEMプログラムを活用して、それぞれの得意分野で独自のソリューションを展開しています。今回は、日本国内のSAPパートナーの中でもひときわ大きな実績を誇る富士通株式会社がSAP BusinessObjectsをベースに提供するSaaS型情報活用サービス「BIクラウド」をご紹介します。


介護・福祉分野のベストセラーソフト「ほのぼのシリーズ」の評価を支えるSQL Anywhereの差別化ポイント

インストールや運用が簡単で、モバイルから中・大規模システムまで対応可能な自己管理型データベースSAP SQL anywhere(以下、SQL Anywhere)。今回は医療・福祉の分野で大きな実績を持つNDソフトウェア株式会社に、SQL AnywhereをOEM導入した成果やメリットについて伺ってみました。









読み込み中
3 / 6...234...