最新の記事

記事総数:989









先進小売企業への道のり~多様化する消費者側の変化を乗り越えて――第1回:オムニチャネルコマース成功の条件

店舗と言うシングルチャネルで構築したモノがマルチチャネルになるだけでなく、それらのチャネルは有機的に連動しなければならないのです。ここでは、具体的に検討すべきポイントについてお話します。それは、以下の4点にまとめられます。


【JSUG Leaders Exchange Interview】 データ連携によって意思決定の高度化を目指す総合商社のデータ活用とは?

当社のビジネスは「KKD(勘・経験・度胸)」にかなり依存してきた部分があります。データ解析の手法を使うことよって、ある程度は分析結果の裏付けを背景に意思決定が下せるのではないかということを期待しています。




日本の製造業におけるMES

「やられたらやり返す、倍返しだ!」が言うに言えない典型的なサラリーマンのSAPジャパン朝井です。今回のブログでは日本企業におけるManufacturing Execution System:製造実行システム(以下:MES)について考察してみたいと思います。







意外に見落とされがちな間接材のコストを最適化。バイヤーとサプライヤーのグローバルネットワークがもたらすメリットとは?

間接材の調達というと、まず文房具、工具、家具などの消耗品を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。確かに、物品関係の購買点数はたくさんあり過ぎて、管理の手間もそれなりにかかります。しかし、コスト的に見ればさほど大きくはありません。むしろ、コスト的に大きなウェイトを占めている間接材はサービス商材です。


ITが創出するスポーツインダストリーの新たな価値――第2回:ITによる「見える化」でセイリングを制す!

セイリングにとって重要なのは、「風と潮を読む」こと。そう、ただゴールに向かってストレートに行けばいいのでなく、風向きや潮の流れを読みながら進む、ある意味経営や人生にたとえられるような紆余曲折こそが、このスポーツの醍醐味なのです。


日本の産業用機械業界を襲うIndustrie 4.0に向けた新たな試練――第1回:予測の優劣が競争優位を左右する

製造業においてこのように柔軟な生産を行うためには、BOM(Bills of Materials)と呼ばれる部品表も変化を余儀なくされます。たとえば、従来の主要なBOMは設計・開発段階におけるE-BOM(設計部品表)と、製造段階におけるM-BOM(製造部品表)があります。




ミレニアル(新世紀)世代のエンゲージメントを促す、人事業務におけるテクノロジー活用

グローバル規模での経済や社会、そしてワークスタイルの変化は、人材を発掘し、教育し、適材適所の配置を目指す企業の人事戦略にも大きな影響を与えています。ラドロウは、今起こっている環境変化の中で特に重要な課題として、以下のような点を挙げます。


読み込み中