最新の記事

記事総数:970


パートナーによる「マネージドクラウド」が加速している

長年にわたってお客様のビジネスをSAPとともに支えてきたビジネスパートナー様の各種ソリューションやサービスが、SAPが推進するデジタルトランスフォーメーションの “コア”(=デジタルコア)である新世代ビジネススイートSAP S/4HANA(以後、S/4HANA)に続々と対応しています。先に、アビームコンサルティング株式会社様によるグローバル製造業向けテンプレートに関するプレスリリースが発表されました。今回はこの発表を「パートナーとクラウド」という視点から見ていくことにします。


SAP HANA Cloud Platformに関する戦略的な協業

SAPが提供するPaaS「SAP HANA Cloud Platform」の拡販に向け、パートナーとの協業を進めています。今回は、2016年3月16日に発表したクニエ様との協業についてご紹介します。


情報活用サービス「BIクラウド」での協業を通じて、富士通とSAPが描くBI市場の未来

SAP は世界で1万社を超える企業とパートナー契約を結んでおり、その中で多くのパートナー企業の皆様はSAP の OEMプログラムを活用して、それぞれの得意分野で独自のソリューションを展開しています。今回は、日本国内のSAPパートナーの中でもひときわ大きな実績を誇る富士通株式会社がSAP BusinessObjectsをベースに提供するSaaS型情報活用サービス「BIクラウド」をご紹介します。


介護・福祉分野のベストセラーソフト「ほのぼのシリーズ」の評価を支えるSQL Anywhereの差別化ポイント

インストールや運用が簡単で、モバイルから中・大規模システムまで対応可能な自己管理型データベースSAP SQL anywhere(以下、SQL Anywhere)。今回は医療・福祉の分野で大きな実績を持つNDソフトウェア株式会社に、SQL AnywhereをOEM導入した成果やメリットについて伺ってみました。






読み込み中