最新の記事

記事総数:989

「IoT」はいったん忘れましょう。SAP Leonardoが支援するイノベーション企画の進め方の事例

耐久品を製造する企業が、IoTを使ってお客様先に収めた機器の予防保全をしたい、 また、ビジネスを「モノ」から「コト」へ変革したいという企画は良く耳にするテーマです。

そのような企画を進める企業に対して、SAPでは、いったん「IoT」といった技術要素は忘れて『幅広い視点で一回考えてみませんか?』と提案します。

今回は、より早く確実にイノベーションを実現するSAP Leonardoの進め方と合わせて、どのような検討の仕方がより確実かについて、ある企業の事例をもとに考えてみたいと思います。



「人材の見える化」が見せてくれるもの 第3回 – 人材データベースを腐らせない方法

「守りの人事から攻めの人事へ」というテーマで人事領域に関連するトレンドや考え方を紹介しています。今回のテーマは「人材DBの構築」です。第3回では、人材DBで定義したデータについて、精度・鮮度高い状態で管理され続ける状態をつくるための参考となる考え方を紹介します。


SAP S/4HANA Cloudの最新動向 ~求められるクラウドERP(SaaS型)導入に向けたマインドシフト~

2016年8月29日、SAP S/4HANA Enterprise Managementのパブリッククラウド版(SaaS型)である SAP S/4HANA Cloud を発表した後、SAPは3ヵ月ごとに機能強化を続けてきています。最新版では、当初の倍以上のビジネスシナリオを提供するようになってきており、クラウドERPならではの優れた点も多くあります。一方で、多くの企業が、クラウド ERPのメリットを評価するようになってきているものの、選定時の評価や導入を適切に進めていくための方法論が整理されていない企業が多くあるのも事実です。そこでまずは、国内ERP市場のクラウド推移状況や実際にどのような方針でクラウドERPの導入を進めていくのが良いかを、株式会社アイ・ティ・アール(以下、ITR)の浅利氏に解説いただいた動画をご紹介します。


多様な「人財」の発掘と育成を実現する – 三菱地所株式会社の人事システム変革

「働き方改革」に注目が集まる昨今、従来の人事給与管理を超えて、将来を見据えた人財情報活用へと踏み出す企業が増えています。東京・丸の内を基点にオフィスや商業施設等の開発、賃貸、運営管理を手がける総合デベロッパーの三菱地所は、2018年1月の本社移転を機にオフィス環境改革と制度改革を推進。さらに、国内グループ約40社を統括する人事給与システムとタレント管理ソリューションの導入により、将来の経営を支える人財活用をシステム面からも変えようとしています。




読み込み中