オペレーションの安全性改善による危険な事故の減少やロジスティクスの最適化など、SAPのソリューションが石油・ガス業界に携わるお客様の企業価値向上をサポートいたします。

最新の記事

記事総数:14

航空機の遅延ゼロを目指して − シェル・エイビエーション社のデジタルトランスフォーメーション

石油業界スーパーメジャーのひとつであるシェル(正式にはロイヤル・ダッチ・シェル)には、シェル・エイビエーションという航空燃料補給サービスを担う事業部門があります。世界中、つまり、32ヶ国850の空港で事業を行っており、対象となる航空機の数は年間200万にものぼります。14秒ごとに1機の航空機に対し給油を行っていることになり、また、1日あたり7千2百万リットルもの燃料を供給しています。
年間36億もの人たちがビジネスやレジャーを目的として飛行機に乗っており、1日あたり180億ドルもの物資が航空機により運ばれています。世界の商取引全体の実に3分の1が、航空機によるものと捉えることもできます。シェル・エイビエーション社にとっても、この競合がひしめく大きな市場において、いかに他社に対し差別化していくかは、大きなチャレンジでした。そういった文脈の中、シェル・エイビエーション社は以下を目的として、デジタルトランスフォーメーションを推進しました(”Shell e-Aviation”プロジェクト)。



デジタライゼーション実現のための「SAP Solution Extensions」とは?

「SAP Solution Extensions (SolEx)」は、SAP Business Suiteのみならず、SAP S/4HANAやSAP HANA、SAP Ariba、SAP SuccessFactorsなど、SAP製品と予めデータや機能が連携されており、様々な顧客の課題やニーズに最もフィットし、効果が期待できるソリューションパートナーと共同開発し、SAPが製品サポートする”SAPソリューション”です。 


ドイツの地域電力会社“シュタットベルケ”が示す電力業界の未来――第2回:大手シュタットベルケMVV Energyが掲げる再生可能エネルギーへの転換

ドイツの地域電力会社シュタットベルケのビジネスの最新状況をご紹介する連載。第2回は、MVV Energy社を取り上げ、その成功のポイントと現在の取り組みについて掘り下げてみたいと思います。


ドイツの地域電力会社“シュタットベルケ”が示す電力業界の未来――第1回:大手電力会社を凌ぐシュタットベルケの地域密着型サービス

日本よりも一足早く電力小売りの全面自由化に踏み切ったドイツには、シュタットベルケと呼ばれる地域電力会社が存在します。本連載では、シュタットベルケのビジネスの最新状況をご紹介させていただきます。



電力・ガスシステム改革で激変する日本のエネルギー市場――第1回:これから何が起こるのか?~海外事例から読み解く

日本の公益業界が市場自由化などに向けて今、取り組むべき課題と、その解決の方向について考えていきたいと思います。第1回は、「これから何が起こるのか?~海外事例から読み解く」というテーマでお伝えします。


フィリップス66の最新事例に学ぶ――エンタープライズモバイルに本当に必要な3つのステップ

フィリップス66は、世界的な総合石油エネルギー会社であるコノコフィリップスから2012年に独立し、石油精製・販売を手がける企業です。独立当時、同社では業務プロセスの中にいかにしてモバイルを導入し、業務効率を向上させるかが大きな課題でした。








読み込み中