財務・会計に強い企業が高い利益を生み出せます。予算管理の効率化や経費削減、コンプライアンスの強化など、SAPのソリューションが財務・会計に関わる各種課題解決のためのサポートをいたします。

最新の記事

記事総数:99

経理システムの抜本的な改革を通じて、「標準化とコンプライアンス強化」を徹底する近畿日本鉄道

同社では、2005年4月にSAP ERPによる新経理システム「Asura」を導入して以降、2011年11月にはグループ展開を見据えたバージョンアップを実施、2013年4月からはグループ経理システムの展開・運用を開始するなど、標準化を軸にした経理業務の効率化と内部統制の強化に向けた取り組みを積極的に進めてきました。


“クラウドファースト”の先駆者として、回転寿司業界で躍進を続ける、あきんどスシローのビジネスチャレンジ

同社では鮮度管理を徹底するために、すべてのすし皿の裏にICタグを貼り付けましたが、その結果、どのすしがいつ売れたのかが把握できるようになり、すしの廃棄率が大幅に削減され、常に鮮度の高いすしを消費者に提供できるようになっています。




製造業の「モノ」から「コト」への事業変革。サービス事業の強化の流れ:その②各部門に求められる変化

SAP桃木です。製造業の「モノ」から「コト」への事業変革。今回は2回目です。前回は、このテーマがなぜ着目されているかについて考えました。今回は、この大きなテーマが各部門にどのように影響を与えるか、各部門にどのような変革が ...


圧倒的スピードは間接部門の業務に変革をもたらすのか?SAP HANAが実証した5つの成果 – 会計業務編(後編)

こんにちは、SAPジャパンの中野です。今回も前回に引き続き、ドイツのSAP本社内で実施されたSAP HANAマイグレーションプロジェクトについてご紹介したいと思います。前回も触れた通り、このプロジェクトの重要なポイントは ...


圧倒的スピードは間接部門の業務に変革をもたらすのか?SAP HANAが実証した5つの成果 – 会計業務編(前編)

読者の皆様、こんにちは。SAPジャパンの中野です。SAP HANAが日本市場に登場してから、約3年が経ちました。私は日本全国のお客様に対してSAP HANAを活用したソリューションをご提案させていただいてきましたが、特に ...


使い慣れたExcelインターフェースで、予算管理業務の効率化・高度化を支援するSAP Business Planning and Consolidation

こんにちは、SAPジャパンの高橋です。予算編成、予実管理、そして予測・着地予想などのステップを含む予算管理業務は、ほとんどの企業が毎年実施する作業で、年初の今がまさに年度予算確定に奔走される時期ではないかと思います。一部 ...


財務業務改革が企業の基礎体力を向上させる

世界水準の企業とそれ以外の企業との差は何か。一つに財務部門の効率性と生産性を指摘することができます。事実、世界水準の企業とそれ以外の企業における財務部門のコストと生産性のギャップは50%程度存在する、との調査結果がHac ...


「事業の多角化」や「市場環境の変化」に対応したAOKIホールディングスの新たな会計基盤

こんにちは、SAPジャパン経営管理ソリューション担当の高橋です。国内経済の景気回復の兆しがようやく見えてきたところですが、中長期的には各社各様のビジネス課題を抱えていることと思います。例えば成熟市場でリーダーシップを取ら ...



あらためて考える、財務部門にとってのビッグデータ~3つの「V」と、取るべきアクション~

IT業界の言葉であるビッグデータは、一般メディアでも多く取り上げられ、もはや経営に関するビッグワードとなりました。しかし、「データ」という言葉から連想するイメージのおかげで、ITだけの話と思われている方も多いかもしれませ ...


クラウドに関するよくある誤解-CFO(最高財務責任者)編

SAPジャパンの晋(ジン)です。今回は、財務担当幹部が抱きがちなクラウドに関する誤解について取り上げたいと思います。 多くの企業が人事から顧客管理まで、あらゆる領域でクラウドテクノロジーを活用するようになってきましたが、 ...






P&G社のグローバル戦略を支えた経理・財務組織変革

こんにちは、SAPジャパンで経営管理ソリューションを担当する高橋です。 今回から3回にわたって、先日東京で開催された当社セミナー「グローバル競争力強化に向けたファイナンス組織/業務の変革」のセッションをもとに、プロクター ...



読み込み中
3 / 3123