インダストリー4.0(Industrie 4.0)に関する基本情報から、さまざまな導入事例や業務・業種別のソリューションまで、役立つ情報をSAPのエキスパートがご紹介します。

最新の記事

記事総数:36


IoTアプリケーション構築を効率化! デジタル変革プラットフォームSAP LeonardoのIoT基盤機能

ビジネスのデジタル対応が求められる中で、IoTアプリケーションの構築、製造現場や利用現場(エッジ)からの大量情報の処理などを行うテクノロジー基盤が重要となっています。SAP Leonardo Foundation を中心に、SAPのIoT基盤の特長について紹介します。


2017 Hannover Messeのハイライト

2017年4月24日から28日の5日間、6500社以上が出展し、延べ来場者数は22万5000人超というドイツのハノーバーにて開催されたハノーバーメッセ2017のSAPブース展示についてご紹介します。



IoTで新たなビジネス創造を目指すイノベーターが集結-Business Innovators Network キックオフ(前編)

2016年10月、SAPジャパンは、各企業でイノベーションをリードする“企業イノベーター”どうしの交流会「ビジネス・イノベーターズ・ネットワーク」を立ち上げ、そのキックオフイベントとして「SAP IoT Executiv ...


デジタル化社会に向けた協業が電力と自動車の新たな未来を描く

ユーティリティ分野におけるデジタルトランスフォーメーションの可能性を探るセッションが、7月29日のSAP SELECT内、公益事業向けトラックで行われました。東京電力と日産自動車のコラボレーションにより進められている電力事業のデジタル化とEV(電気自動車)の活用を取り上げた、「業界連携によるデジタル化社会~充電インフラの設備とデジタル化の未来」のパネルディスカッションをご紹介します。


経済産業省とアニメーション監督が描く未来の素材とは

7月29日のSAP Select内、プロセス業界向けトラックで行われました。【「日本の素材産業が飛躍する鍵は『発想力にあり』」~『あったらいいな』が実現する新しいビジネスの可能性】と題して、登壇者たちが業界の違いを超えて活発に意見を交わしたパネルディスカッションの様子をご紹介します。




SAPPHIRE NOW 2016 基調講演レポート- SAP CEO : Run Live, Run Simple –

SAP最大の年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW」が、2016年5月17日から19日にかけて米国フロリダ州のオーランドで開催されました。世界中から参加者を集めて行われた初日の基調講演には最高経営責任者(CEO)のビル・マクダーモットが登壇し、この数年SAPが推進するビジネス戦略について力強いメッセージを発信しました。またパネルディスカッションでは、SAPのビジネス戦略の一翼を担うSAP Ariba、Concur、SAP SuccessFactorsなどグループ経営陣のほか、SAP HANAユーザー企業も発言。さらに、長年にわたりパートナー関係にあるマイクロソフト社、インテル社のCEOと語り合うなど、これからのエコシステムのあり方やSAPのソリューションが未来のビジネスにもたらす可能性について、多彩な意見交換が行われました。











読み込み中
1 / 212