今後の進化が期待されるIoT(Internet of Things)やM2Mに関する基本情報から、さまざまな導入事例や業務・業種別のソリューションまで、役立つ情報をSAPのエキスパートがご紹介します。

最新の記事

記事総数:127




ヒト・モノ・カネのデータをつなげて、煩雑な作業を取り除き、スマートな意思決定をサポートするのが次世代プラットフォーム

2日目のキーノートセッションでバーンド・ロイケ氏は、データの自在な処理を可能にするSAP HANAを統合することによって、ビジネスがどうパラダイムシフトを起こすか、そんな例をデモで解説した。





IoTを牽引するイスラエル発スタートアップ企業――第3回:テニスコート上のデータで未来のタレント発掘を可能にするPlaySight

プレイサイトという会社が手がけるスマート・コートは、テニスコート上でプレイする選手のさまざまなパフォーマンスを数値化し、さらなるパフォーマンス向上や未来のタレント発掘にも活用されます。





産業界で起きているビジネスモデル変革のうねり――第3回:IoTや最新テクノロジーで加速するビジネスモデル変革

こんにちは、SAPジャパンの柳浦です。産業界で起きている従量課金ビジネス、レベニューイノベーションの流れを解説する本連載。最終回のテーマは、ITが産業界にもたらす新たな進化についてです。昨今のキーワードとなっている「Io ...









Industrie 4.0におけるSAPの貢献

ドイツに本社を構えるSAPは、Industrie 4.0をリードする企業として、さまざまな取り組みを行っています。この記事では、今まさにSAPを取り巻くIndustrie 4.0について整理するとともに、SAPがどのように貢献しているかご紹介します。


いよいよベールを脱いだ新ERP : SAP Business Suite 4 SAP HANA

2月3日にニューヨーク証券取引場にて、SAPのCEOビル・マクダーモット、SAPの共同創業者の一人であるハッソ・プラットナーらが登壇して、次世代のエンタープライズソフトウェアとなるSAP Business Suite 4 SAP HANAを発表しました。



電力・ガスシステム改革で激変する日本のエネルギー市場――第1回:これから何が起こるのか?~海外事例から読み解く

日本の公益業界が市場自由化などに向けて今、取り組むべき課題と、その解決の方向について考えていきたいと思います。第1回は、「これから何が起こるのか?~海外事例から読み解く」というテーマでお伝えします。




シンプル化を促進するSAP HANAの最新版SPS9

マルチテナントなどのさまざまな新機能が採用されており、SAPが提唱しているITランドスケープのシンプル化を促進するための強力なプラットフォームとしての機能を成熟させています。




“車”という概念を180度変革する未来のコネクテッドカー~トヨタIT開発センターの取り組み~

7月29日に開催されたSAP Auto Forum NagoyaにおけるトヨタIT開発センター 研究部取締役 遠藤徳和氏の講演は、これまでの概念を180度変革する車の未来を予感させる各種のトピックが盛り込まれたものでした。今回はこの特別講演をレポートしてみたいと思います。


ITが創出するスポーツインダストリーの新たな価値――第2回:ITによる「見える化」でセイリングを制す!

セイリングにとって重要なのは、「風と潮を読む」こと。そう、ただゴールに向かってストレートに行けばいいのでなく、風向きや潮の流れを読みながら進む、ある意味経営や人生にたとえられるような紆余曲折こそが、このスポーツの醍醐味なのです。


日本の産業用機械業界を襲うIndustrie 4.0に向けた新たな試練――第1回:予測の優劣が競争優位を左右する

製造業においてこのように柔軟な生産を行うためには、BOM(Bills of Materials)と呼ばれる部品表も変化を余儀なくされます。たとえば、従来の主要なBOMは設計・開発段階におけるE-BOM(設計部品表)と、製造段階におけるM-BOM(製造部品表)があります。



ITが創出するスポーツインダストリーの新たな価値――第1回:ITでテニス観戦がもっとおもしろくなる!

具体的に閲覧できるのは、選手の基本情報、試合・選手ごとのパフォーマンスデータ(サーブの成功率やサービスエースの本数、ダブルフォルト数など)、対戦相手別パフォーマンスデータ、サービス分析(着地点、ポイント別成功率など)といった、ありとあらゆる情報です。




【JSUG Leaders Exchange Interview】 ビッグではなく、むしろスモール-日本郵船が重視した2つの「V」

前回は日本郵船の取り組みとして、定期船事業の基幹システムのデータを活用して空コンテナの回転率を向上させた事例をご紹介しました。IT部門とビジネス部門が本気でビジネスをよくしたいと考え、協力体制を組んだからこそ見えてきた「 ...






読み込み中
3 / 4...234