クラウドERPの活用最新事例や、導入効果や実現できることはなにか。クラウドERPならではの特長と押さえておきたいポイントについてご紹介。オンプレミス型とクラウドERPの違いや、事前に導入のプロセルを知ることで、ERPの最適な導入について考察します。
今日の企業ITは大きなテクノロジーの転換期を迎え、システムの新規導入において40%以上がクラウドを選択しており、急速な基幹システムのクラウド化が進んでいます。ERPも数年のちにはオンプレミスを逆転することが予測されています。特に複数の拠点やグローバルな事業を展開する企業が注目しているのが「クラウドERP」です。こうしたクラウド化の波は、企業内の様々な領域で急速な変化を促しております。
クラウドERPとはなにか。また、既にERPを活用中の企業にとっては、クラウドへの移行や、業種ごとに適したクラウドERPを導入する方法について。さらにはERP導入を成功させるために、最新のクラウドERPの導入事例をご紹介しながら解説いたします。

最新の記事

記事総数:22



クラウドERP導入は実際どのようなステップで行われるのか

クラウドERPの導入を考えている企業様向けに、準備から運用までの一連のフローをご紹介します。
実際にERPの運用をして、業務の最適化を行うには、入念な準備が必要です。費用対効果をしっかりと見定めイノベーションに取り組みましょう。
ここでは、オンプレミスとクラウド型のシステムのフローをご紹介します。








クラウドERP導入効果と4つの強みとは

昨今のサービスクラウド化の流れは、ERPを利用する環境にとっても例外ではなく、オンプレミスからクラウド環境に移行が進み、そのことによって様々なメリットが生まれています。ここでは「SAP S/4HANA Cloud」を例に、クラウドERPの強みや、そのメリットについて紹介していきます。


失敗のないERP導入を目指すには?-確認したい4つのポイント

ERPは企業に必要な業務を効率化してくれる非常に便利で優秀なシステムです。しかし、ERPの導入に失敗してしまう企業や、導入に成功したとしても活用いただけていない企業も多く存在します。特にERPの導入によって業務が煩雑化するというのは残念なことです。ここではERPの性質と導入に失敗してしまう理由を取り上げました。


世界の最新デジタルトランスフォーメーション成功事例から見えてくること

今や「デジタルトランスフォーメーション」という言葉を検索すると、30万件に届こうかというほどの記事にヒットします。
弊社内でも、この言葉を聞かない日はありません。しかし、弊社では単にSAP S/4HANAやSAP Leonardoといった弊社最新ソリューションをお使いいただくことのみを切り取って、デジタルトランスフォーメーションと呼んではいません。


アポロ・タイヤ:経営情報基盤構築からクラウド活用による顧客エンゲージメント強化へ

グローバルタイヤメーカートップ20のひとつであるアポロ・タイヤ社は、自社のデジタル活用を経て、得意先の業務オペレーションの最適化を支援するために、エンドユーザーにタイヤを提供する世界約3,500店舗とつながるディーラーポータルをクラウド環境に構築・稼働させて、グローバルに展開中です。




クラウドベースのERPとBIの連携効果は? – 経営課題の解決は可視化から

「ビッグデータ」「IoT」などの業務現場のデータ活用が注目されています。これらのデータ活用は、IoT時代のものづくりに欠かせないものです。ただ、こうした現場由来のデータは業務現場の設備やシステムから発生していることも多く、情報システム部門の管轄ではないということも多いのではないでしょうか。経営の「見える化」の推進に向けた、IoT時代のクラウドERPとBI(ビジネスインテリジェンス)の連携を考えていきましょう。








読み込み中