最新の記事

記事総数:37

はじめてのSAP Data Warehouse Cloud ~ Free Trial 環境でSAP Data Warehouse Cloud を体験してみよう !!

SAP Data Warehouse Cloud が日本のデータセンターでサービス提供を開始したことは、先日、お伝えした通りですが、「まずはどんなものか触ってみたい !!」と思われた方も多いかと思います。
そのような皆様には、まずはFree Trial の環境を使って体験していただきたいと思います。


SAP Data Warehouse Cloud、いよいよ、日本でサービス提供開始 !!

昨年の11月にグローバルでサービス開始された「SAP Data Warehouse Cloud」ですが、いよいよ、日本のデータセンターでも提供開始となりました。先だって、プレスリリースでも発表しましたが、どのような特徴をもったサービスなのか、まずは概要を紹介します。



デジタルコアの確立によるスマートシティの実現ーデジタル化ランキング最下層からの脱却ストーリー

複雑化するITの課題を抱え、DX(デジタルトランスフォーメーション)により業務そのものを改革し利用者により良いサービスを提供することを目指すのは、大企業だけではありません。本ブログでは、2014年のデジタル電子政府(州)ランキングで評価がC+、下位25%だったイリノイ州が、その後の4年間でどのようにデジタルコアを確立し急速にDXを進め、2018年のデジタル電子政府(州)ランキングでは評価がB+、上位25%にまで登りあがったのか、その脱却ストーリーを紹介します。


San Francisco 49ers:顧客体験の向上に向けたリアルタイムなスタジアムオペレーションの見える化

近年「顧客体験 / Customer Experience (CX)」という言葉が注目されています。Levi’s Stadiumではデジタルを活用した様々な顧客(観客・ファン)体験を提供しています。主要な取り組みとしては、当時としてはかなり最先端の取り組みであったスマートフォン向けのスタジアムアプリケーションがあります。スタジアムアプリケーションを通じたデジタルチケットはもちろんのこと、入場ゲートから自分の席までの経路案内、トイレの混雑状況の見える化、さらには座席から飲食の注文ができたり、追加料金を払うことで自分の座席まで運んで来てくれるサービスも提供しています。



SAP Analytics Cloudの最新機能!Smart Predictとは?

世界最大級のBI調査であるThe BI Survey 18で顧客満足度やイノベーションを始めとした23のTop-rankedに輝いたSAP Analytics Cloud、今回は機械学習を組み込んだ、予測分析機能の最新機能であるSmart Predictについてご紹介します。



SAPが提供する、より身近な予測分析ソリューション

データサイエンティスト程の技術を持たなくても、ITの進化とデータ活用がより身近になる事により、シチズン(民主的)にデータを活用できるようになると言われています。本ブログでは、SAPが提供する、より身近な予測分析ソリューションをご紹介します。







デジタル時代における意思決定スタイルの変革

デジタル化の波は、企業内の様々な業務に影響を与え、目覚ましいスピードで変化を迫られています。今回のブログでは、デジタル時代の経営会議をサポートするSAPの新しいソリューションをご紹介したいと思います。





データの統合・連携がもたらすデジタルヘルスケア- 第5回:Cancer Moonshot — ダボス会議にSAPのCEOビル・マクダーモットが登場

第5回は、1月19日から開催された世界経済フォーラム(WEF、通称“ダボス会議”)初日に、バイデン副大統領がチェアマンとなり開催されたセッション“Cancer Moonshot : A Call to Action”においてIT業界からただひとり招かれたSAP CEO Bill McDermottが語ったがん撲滅に向けてのITの有効性について、WEF速報版としてご紹介します。


SAP® Business One, version for HANA国内初導入

株式会社リベルタス・コンサルティング様にSAP Business One, version for HANAの国内発導入が決定した。
従来のBusiness Oneの機能を大幅に強化したSAP Business One, version for HANAの機能を整理し紹介させていただきます。


旭化成メディカルの取り組みにみるグローバル経営を支える進化するBI活用のモデルとは?

SAP Business Warehouseを導入して以降、バージョンアップを重ねながら2014年にはSAP BW Powered by SAP HANAへの移行を実現、激しく変化する市場のスピードに負けない超高速な「データの可視化基盤」を構築された旭化成メディカル株式会社の事例をご紹介いたします。




オープンデータで、行政の効率性と透明性を追究するボストン市、鯖江市

オープンデータの公開と活用によりオープンガバメントにおいて最先端をいっているボストン市。市役所の成績ダッシュボードといえる「Boston About Results 」を紹介する。後半は日本においてのオープンガバメント最先端をいく鯖江市とソフトウェア企業 Jig.jp の取り組みを紹介する。






【JSUG Leaders Exchange Interview】 現場との密なコミュニケーションをもとに、BI活用のさらなる可能性を模索

今回は参加2期目となるメンバーであるアンリツ株式会社 経営情報システム部 課長の中島久美子氏に、計測器メーカーである同社におけるデータ活用についてお話をうかがいます。BI活用のさらなる可能性をを模索します。


わずか7年で顧客満足度を国内トップに押し上げたオーストラリア・コモンウェルス銀行のコアバンキングモデル

顧客満足度の向上は、すべての企業にとって共通の最重要課題です。これは金融業界においても同様で、世界中の金融機関が顧客満足度の向上に向けたさまざまな取り組みを進めていますが、その実現にあたってはいくつものハードルが存在し、期待通りの成果を上げることは容易ではありません。


【JSUG Leaders Exchange Interview】 データ連携によって意思決定の高度化を目指す総合商社のデータ活用とは?

当社のビジネスは「KKD(勘・経験・度胸)」にかなり依存してきた部分があります。データ解析の手法を使うことよって、ある程度は分析結果の裏付けを背景に意思決定が下せるのではないかということを期待しています。


ITが創出するスポーツインダストリーの新たな価値――第2回:ITによる「見える化」でセイリングを制す!

セイリングにとって重要なのは、「風と潮を読む」こと。そう、ただゴールに向かってストレートに行けばいいのでなく、風向きや潮の流れを読みながら進む、ある意味経営や人生にたとえられるような紆余曲折こそが、このスポーツの醍醐味なのです。




第2回:日本型人事制度の現状とグローバルタレントマネージメント推進のポイント

みなさんこんにちは、サクセスファクターズジャパンの森です。最近グローバルチームとの電話会議とか、お客様と英語を用いたミーティングの機会が多くなってきました。(英会話スクールのCMみたいにもじもじして座っているだけですが、 ...