最新の記事

記事総数:43

SAP Analytics Cloudの最新機能!Smart Predictとは?

世界最大級のBI調査であるThe BI Survey 18で顧客満足度やイノベーションを始めとした23のTop-rankedに輝いたSAP Analytics Cloud、今回は機械学習を組み込んだ、予測分析機能の最新機能であるSmart Predictについてご紹介します。





クラウドERPとBIの連携効果は? – 経営課題の解決は可視化から

「ビッグデータ」「IoT」などの業務現場のデータ活用が注目されています。これらのデータ活用は、IoT時代のものづくりに欠かせないものです。ただ、こうした現場由来のデータは業務現場の設備やシステムから発生していることも多く、情報システム部門の管轄ではないということも多いのではないでしょうか。経営の「見える化」の推進に向けた、IoT時代のクラウドERPとBI(ビジネスインテリジェンス)の連携を考えていきましょう。





デジタル時代における意思決定スタイルの変革

デジタル化の波は、企業内の様々な業務に影響を与え、目覚ましいスピードで変化を迫られています。今回のブログでは、デジタル時代の経営会議をサポートするSAPの新しいソリューションをご紹介したいと思います。




データの統合・連携がもたらす個別化医療 - 第1回:患者志向の未来に向かって、SAP Connected Health Platform

昨年10月から始めたデジタルヘルスケアブログ、最近はお客様との会話でも非常に広義な「ヘルスケア」という言葉に代わって「個別化医療」という言葉が用いられることが多くなりました。そこで今後はタイトルを変え、個別化医療にフォー ...



情報活用サービス「BIクラウド」での協業を通じて、富士通とSAPが描くBI市場の未来

SAP は世界で1万社を超える企業とパートナー契約を結んでおり、その中で多くのパートナー企業の皆様はSAP の OEMプログラムを活用して、それぞれの得意分野で独自のソリューションを展開しています。今回は、日本国内のSAPパートナーの中でもひときわ大きな実績を誇る富士通株式会社がSAP BusinessObjectsをベースに提供するSaaS型情報活用サービス「BIクラウド」をご紹介します。


データの統合・連携がもたらすデジタルヘルスケア- 第5回:Cancer Moonshot — ダボス会議にSAPのCEOビル・マクダーモットが登場

第5回は、1月19日から開催された世界経済フォーラム(WEF、通称“ダボス会議”)初日に、バイデン副大統領がチェアマンとなり開催されたセッション“Cancer Moonshot : A Call to Action”においてIT業界からただひとり招かれたSAP CEO Bill McDermottが語ったがん撲滅に向けてのITの有効性について、WEF速報版としてご紹介します。


旭化成メディカルの取り組みにみるグローバル経営を支える進化するBI活用のモデルとは?

SAP Business Warehouseを導入して以降、バージョンアップを重ねながら2014年にはSAP BW Powered by SAP HANAへの移行を実現、激しく変化する市場のスピードに負けない超高速な「データの可視化基盤」を構築された旭化成メディカル株式会社の事例をご紹介いたします。


データの統合・連携がもたらすデジタルヘルスケア – 第1回:先駆者のDNAを受け継ぐ医療管理機関マーシー・ヘルスケア・システムの挑戦

本連載では、デジタルヘルスケアの好例をご紹介します。第1回は、データの一元管理およびその最大活用を通じて、患者の満足の向上と事業面での成功を両立させたMercy Healthcare Systemのご紹介です。



SAP BIツールの比較と使い分け方

このブログではSAP BIツールの比較と使い分け方について、一般的な「帳票/ダッシュボード/分析」ではなく、どのように分析をしたいか?何を出したいか?など少し違った視点で紹介していきます。








SAP BusinessObjects BIハンズオンセミナー潜入取材 ――第1回:BIのセルフサービス化が生み出す新たな価値

業務要件によって利用ツールを分けると複雑になるのではないかとよく聞かれますが、ユーザーインターフェースの統合やユニバースによるデータソース一元的管理機能によって、ユーザー自身はどの製品を使っているか意識せずに利用できます




“クラウドファースト”の先駆者として、回転寿司業界で躍進を続ける、あきんどスシローのビジネスチャレンジ

同社では鮮度管理を徹底するために、すべてのすし皿の裏にICタグを貼り付けましたが、その結果、どのすしがいつ売れたのかが把握できるようになり、すしの廃棄率が大幅に削減され、常に鮮度の高いすしを消費者に提供できるようになっています。













1 / 212