最新の記事

記事総数:3

ケーザー・コンプレッサー社のSAP Data Hub活用

「使った分だけ払う」サブスクリプション型ビジネスモデルの代表例として、ここ数年、Kaeser Kompressoren (ケーザー・コンプレッサー、以下ケーザー社)をよく取り上げてきました。同社が確立したサービスビジネス「シグマ・エア・ユーティリティ」については、五十嵐剛執筆のブログに詳述されていますので、まずはご一読ください。
本稿では、それから4年ほど経過したこのサービスの進捗を見ていきます。



60年間のStatsを一般公開、ファンサービス強化をはかるNBA

アメリカは、なにごとにつけ、シンプル・明快・明確を好むお国柄だ。それには諸事情あるのだろうが、なんといってもいわゆる「人種のるつぼ」、多民族が集まって暮らす国だから、ということが大きいと思う。 ほかに共通点が見出しにくい ...