最新の記事

記事総数:87






調達・購買の効率化に 求められる視点とは

10月7日に開催された「SAP All Cloud Connect 業務部門がリードする経営改革フォーラム」。購買調達部門向けトラックのパネルディスカッションでは、間接商材の通販企業と企業の調達担当者、両者をつなぐソフトウェア企業が調達・購買の効率化について語り合いました。



【JSUG Leaders Exchange Interview】 現場との密なコミュニケーションをもとに、BI活用のさらなる可能性を模索

今回は参加2期目となるメンバーであるアンリツ株式会社 経営情報システム部 課長の中島久美子氏に、計測器メーカーである同社におけるデータ活用についてお話をうかがいます。BI活用のさらなる可能性をを模索します。




SAP HANAがもたらすのは単なる高速化ではなく、高速化によって実現する新しいシンプル化した世界

SAP SAPPHIRE NOWの2日目のキーノートセッションに登場したのは、SAPの共同創業者で会長のハッソ・プラットナー氏だ。プラットナー氏はSAPの会長としてではなく、大学でコンピュータサイエンスを教えている教授の立場で話を始めた。


増殖する企業情報の管理が生死を分かつ

貴社では企業情報をどのように扱っていますか?ビジネスの高度化、IT化の進展、コンプライアンス対応などの理由により、企業の情報はかつてなく増殖しています。企業内部で管理されている構造化された情報だけでなく、電子メールや各種 ...



エンタープライズモバイルアプリの活用で、ビジネスチャンスの拡大に成功した大阪の繊維専門商社

こんにちは、SAPジャパンの井口です。内勤がメインのオフィスワーカーとは異なり、社外で業務をする担当者にとって、最新の業務情報の参照やデータ入力作業は、決して容易ではありません。ビジネスのスピードが加速する中、こうした現 ...



人事業務のクラウド化をめぐる7つの論点

SAPジャパンの晋(ジン)です。今回は、人事業務のクラウド化をめぐる7つの論点について取り上げたいと思います。 人事(HR)管理におけるクラウドコンピューティングの利用については感情的な議論が白熱しがちで、特に欧州、中で ...



企業の知的財産の価値を最大化する、マスターデータ管理の成否を分ける4つのポイント

読者の皆様、はじめまして。SAPジャパンの賞雅(たかまさ)と申します。 今回は「マスターデータ管理における“成功の種”」というテーマで、マスターデータ管理を成功に導くための4つのポイントと、それに対応したSAPソリューシ ...








売上/集金状況などすべての業務アプリを7インチのAndroid端末で利用するアジア最大の塗料メーカー

SAP が企業向けに提供している情報系モバイルアプリを活用して、業務効率の向上や、自由なワークスタイルを実現している企業事例の連載。今回は、1,700名の営業担当者にSAPの情報系モバイルプラットフォームを組み込んだタブ ...


非構造化データの連携による究極のリアルタイムの実現

こんにちは、SAPジャパンの奥野です。前回、前々回は、主に情報の分析活用においてデータの鮮度を保つことの重要性や、気づきをアクションに結びつけるプロセスについてお話しましたが、今回はこうしたテーマを議論するときに避けては ...
















2 / 3123