最新の記事

記事総数:9

SAPアプリケーションの機械学習による自動化と予測

今回は、SAPアプリケーションの機械学習による自動化と予測に関してご紹介します。 SAPは、企業のデジタル戦略を支える最新プラットフォームとして「インテリジェントエンタープライズ」を提供しています。 この「インテリジェン ...


実践編!SAPが提供するより身近な予測分析ソリューション

『機械学習を活用した予測分析を行う。』と考えると専門性を高く感じますが、予測分析の活用方法を見つけることは、業務を行っている中で問題意識がある方なら誰でも取り組めます。今回は、最新IT技術を使った予測分析の始め方と、SAPソリューションが出来る事をお伝えします。


SAPが提供する、より身近な予測分析ソリューション

データサイエンティスト程の技術を持たなくても、ITの進化とデータ活用がより身近になる事により、シチズン(民主的)にデータを活用できるようになると言われています。本ブログでは、SAPが提供する、より身近な予測分析ソリューションをご紹介します。


通信販売ビジネスのカタログ送付数や顧客分析に 人工知能や機械学習が貢献

テレビ朝日グループでテレビ通販ビジネスを展開するロッピングライフと、カタログ通販大手のディノス・セシールの先進的な取り組みを紹介し、SAP Predictive Analyticsの導入/運用支援パートナーであるブレインパッドと共に、パネルディスカッションを行いました。



SAP Predictive Analytics 3.2 新機能と製品ロードマップ

SAP S/4HANA、SAPクラウドアプリケーションに蓄積されたデータの可視化・分析を可能にするSAPアナリティクスソリューションの中から、予測分析ツールであるSAP Predictive Analytics3.2の新機能と製品ロードマップをご紹介します。




日本の産業用機械業界を襲うIndustrie 4.0に向けた新たな試練――第1回:予測の優劣が競争優位を左右する

製造業においてこのように柔軟な生産を行うためには、BOM(Bills of Materials)と呼ばれる部品表も変化を余儀なくされます。たとえば、従来の主要なBOMは設計・開発段階におけるE-BOM(設計部品表)と、製造段階におけるM-BOM(製造部品表)があります。