最新の記事

記事総数:12

MLBアストロズ球団に見るデータドリブン経営に向けた日本型変革モデル

今年5月に発表されたIMD国際競争力ランキングで、日本は対象国63国中、97年以降最低となる30位となりました。
評価基準の一つであるビジネスの効率性の評価が低く、その中でも企業の意思決定の機敏性、ビッグデータの活用や分析といった項目については63位と最下位の評価でした。順位付けには日本の経営者へのアンケート調査が反映されていることから、日本企業の経営者自らが、データを活用した経営の高度化への取り組みに大きな問題を感じていることがわかります。
今回のブログでは、なぜ日本企業ではデータ活用型経営が上手くいかないのか、その処方箋は何なのか? について述べさせていただきたいと思います。
そのため?にも、まずはある海外のスポーツチームの例からスポットを当ててまいります。


SAPのMachine Learningソリューション!SAP Cash Applicationとは?

Machine Learning(機械学習)の技術を利用し、未消込債権データと銀行からの入金データとのマッチング率を向上させる業務を効率化するソリューション SAP Cash Applicationの主要な機能やその効果について、先行事例を交えご紹介します。





新たなUX登場による業務オペレーションの変革

UXの向上は会計領域における日々の業務オペレーションに大きな変革を与えます。今回は数多のソリューションの中から3つ選び、どのような変化が期待できるのかをSAP ERPを少し意識した内容でお届けします。