SAP インテリジェント支出管理が目指す モダン・ビジネストランスフォーメーション  〜世界最大の調達・購買プラットフォーム〜

SAP インテリジェント支出管理が目指す モダン・ビジネストランスフォーメーション  〜世界最大の調達・購買プラットフォーム〜

最先端のユーザーエクスペリエンスを追求した購買システム
社内外コミュニケーションを実装した戦略的調達システム
SAP ERPをフル活用した直接材ビジネスネットワークコラボレーション
外部人材 "ヒト" の採用・管理を融合した調達購買システム

SAPの提供する
調達・購買の世界

SAP インテリジェント
支出管理の特徴

  • SAPの調達・購買の世界
  • 調達・購買のデジタル化
  • サプライチェーンの強化
  • 戦略的調達の高度化
  • サプライヤー管理の高度化
  • 外部人材調達・管理の高度化

直接材・間接材・外部人材の支出管理をワンプラットフォームで実現

SAPは企業活動に欠かせない様々な要件に対する調達・購買活動をSAPのワンプラットフォームでご支援いたします。企業の販売計画や生産計画、在庫情報などと密接に連携する直接材の調達・購買、全従業員に購買統制に基づく取引先との安全なやりとりを提供しながら不要コストと業務負荷を低減を目指す間接材の調達・購買、法規制に対応しながらきめ細やかな外部人材への業務委託や請負業務の手続きの効率化や支出の可視化を目指す外部人材の調達・購買。SAPはこのように業務背景や要件の異なる各業務領域に対し柔軟にソリューションをご提案し、日本そして世界各国の調達側企業とサプライヤー企業の発展をご支援いたします。

こちらにて様々な情報を公開しております。
SAPジャパンブログへ
https://www.sapjp.com/blog/archives/tag/sap-ariba

調達・購買業務のデジタルトランスフォーメーション

調達・購買業務は多数の社内の従業員と膨大なサプライヤー企業を繋ぎ、「自社のお金で買い物をする」という重要な業務であるにも関わらず、多くのお客様でデジタル化推進が大きな課題となっています。企業の調達・購買のデジタル化を推進し、「支出の低減」「業務の効率化」「購買統制の強化」をSAPがご支援します。

導入メリット

支出の低減

日々のサプライヤー企業との価格交渉をデジタル化により加速します。従業員の購買品目の一物多価を抑止し最適価格に統制することで支出低減を図ります。

業務の効率化

従業員やサプライヤー企業とのやり取り(コラボレーション)をデジタル化し業務負荷を軽減します。また従業員へ安全な購買業務をガイドしセルフサービスの購買業務を推進します。

購買統制の強化

幅広い商材や地域、購買業務プロセスをカバーし、デジタル化を全社展開することで例外の購買処理を最小にします。適切な承認処理と事前に許可されたサプライヤー、カタログから購買することで従業員を不正購買から守ります。

直接材サプライヤーとのコラボレーション強化

直接材サプライヤーとの見積、受発注、請求や在庫情報の共有など様々なコラボレーションにおいての調査では、多くの企業がまだ十分に改善の余地があると考えていることが分かりました。サプライヤーを重要なパートナーとしてとらえ、信頼関係を構築しながら効率的な情報共有・自動化の仕組みを導入することが世界的にも求められています。SAPはバイヤー企業の生産プロセスを十分に活用するため、効果的な調達・購買のソリューションのご提供によりサプライヤーとのコラボレーション強化をご支援します。

導入メリット

世界中のサプライヤーとのオンライン接続

SAP S/4HANAをSAPの提供するサプライヤーポータル「SAP Business Network」と接続することでサプライヤーへの見積や契約、発注~請求をオンラインで処理できます。

ERPとネットワーク接続の容易性

SAP S/4HANAとSAP Business Networkを接続するために、SAPが標準提供する接続ツール「CIG」を追加費用なしでご利用頂けます。SAPはS/4、Business NetworkそしてCIGを共に継続開発し常に最近機能をご提供します。

洗練されたサプライヤーポータルの提供

バイヤー企業からの受注や在庫、フォーキャスト情報を扱うためのサプライヤーポータルシステムを無料で提供し電子取引の推進をお手伝いします。

調達・購買の戦略的価値を高める

自社の調達・購買組織やサプライチェーンそのもののグローバル展開に伴い企業が調達・購買に求める戦略的価値は益々高まっています。戦略的な調達活動(Strategic Sourcing)を効率的に推進するためには自社内の調達部門だけではなく製品設計部門や製造部門、営業計画などとの連携はもちろんのこと、世界各国に拠点を持つ取引先とのタイムリーなコラボレーションが求められます。SAPはこうしたハイレベルな業務要件にお応えするシステムソリューションをご提案し、戦略的調達活動を円滑にスピーディに実現するお手伝いをいたします。

導入メリット

サプライヤーの新規発見

世界中のSAP Ariba利用中のサプライヤー企業検索サイト”Ariba Discovery”により、これまで取引のなかった新しい調達先企業発見のお手伝いをいたします。

柔軟なソーシング活動

SAP Ariba SourcingはRFIやRFP、リバースオークションによるオンラインの見積処理はもちろん、自社の戦略的な調達プロジェクト管理ツールとしてスケジュール管理やコミュニケーション管理を実現します。

電子による契約や署名

サプライヤー企業との各種取引契約のため法務部門などと連携した契約書作成や条項管理、社内コミュニケーションや承認プロセスを管理し電子署名によるペーパーレス化を推進します。

高度なサプライヤー戦略と調達・購買活動の融合

国内外を問わず自社が調達・購買活動で取り組むサプライヤー企業は数百から数千社とも言われています。膨大な数の取引先の中で自社の企業活動に欠かせないサプライヤー企業は、明示され全従業員の調達・購買に活用されているでしょうか?SAPは多くのサプライヤー企業の新規発見、取引先登録、評価、自社での優先設定、外部調査機関によるリスク情報評価や、取引先の生の声を集めることによるサプライヤーエクスペリエンスの戦略的な活用について最適なシステムソリューションをご提供し、調達側企業とサプライヤー企業の発展的な関係性構築をお手伝いいたします。

導入メリット

サプライヤー戦略の強化

サプライヤー企業のプロファイル情報のオンラインでの収集・管理を実現します。地域別・商材分類別に自社の優先サプライヤーを設定し、全社のサプライヤー戦略強化を図ります。

多角的なリスク情報の活用

財務リスク、ESGリスク、企業運営リスクや法規制リスクなどサプライヤーに関する様々な外部機関のリスク調査情報を集約し、一元的なリスク監視を実現し迅速なサプライヤーリスク対応を支援します。

サプライヤーエクスペリエンスの可視化

調達・購買の業務データのデジタル化によるサプライチェーン状況の把握に加え、サプライヤーの「生の声」を効率的に収集しAI分析によるサプライヤーエクスペリエンスの活用をお手伝いします。

ヒトの管理と調達購買管理の融合

会社が活用する労働力の中で、外部活用 (業務委託や派遣) の占める割合は支出ベースで42%にのぼり、企業にとって大きな支出です。しかしながら、その採用や管理は現場任せで全社バラバラに管理されることが多い領域です。昨今、投資家や取引先からはESGの観点で企業の人的資本や内部統制、コンプライアンスへの注目が強まっています。その一方で、社会的な人材不足から現場は人材確保について強いプレッシャーを感じています。SAPはヒトの管理と調達購買管理の両面をサポートするソリューションをご提供し、外部人材採用・活用におけるお客様のガバナンス強化をお手伝いいたします。

導入メリット

オンボード・オフボード管理

外部人材の受入時や契約満了時のタスクを管理 (IDや入館証の発行や回収、権限の付与と削除、研修実施管理、貸与品管理等)、コンプライアンスの強化やセキュリティの強化をサポートします。

評価・分析

役務のパフォーマンスやサプライヤを評価することができます。蓄積されたデータの分析やKPIのトラッキングにより、サプライヤとの関係高度化に役立てることが可能です。

派遣管理

各種法定帳票 (個別労働者派遣契約書、派遣通知書や管理台帳) の出力やデータ管理、また、労務管理や抵触日管理のソリューションを提供します。

よくあるご質問

SAPの調達・購買製品は幅広くすべての業務領域をカバーいたします。
■直接材と間接材共通の戦略的調達業務
■広く従業員にお使い頂ける間接材購買業務
■生産管理や在庫計画と連動した標準発注やフォーキャスト/JIT連携、SMI/VMIなどの在庫連携などの直接材購買業務
■派遣や業務委託など外部人材管理の見積~発注~請求・支払業務

サプライヤー企業は無料でSAP Business Networkにご登録頂けます。SAP Business Networkに自社IDとパスワードでログインし、各バイヤー企業からの入札依頼や契約交渉依頼、発注~請求の業務を行っていただけます。サプライヤー企業側でご選択いただけるシステム連携等の有料のオプション機能もご用意しております。

サプライヤー企業は自社の受注システムとSAP Business NetworkをEDI連携させるなどの際に有償プランをご選択頂けます。有償プランをご選択されたサプライヤー企業にはSAPがシステム接続サポートを提供しております。SAPの専属チームがサポートいたしますのでバイヤー企業での複雑なシステム開発やサプライヤー企業とのシステム連携仕様に関する調整はSAPにお任せいただけます。

「SAP S/4HANA」を代表とするSAP ERP製品は販売管理、生産計画、在庫管理、倉庫管理、会計処理など幅広くお客様社内の業務を取り扱います。中でも生産計画や在庫管理などは直接材の購買管理と綿密に連携する必要があり、SAP ERPで行うことを推奨しております。一方で間接材業務は生産管理などと連携しないこともあり、全従業員を対象とした使いやすさに特化したシステムを提案しております。
そのようなSAP ERP製品の生産計画や在庫管理と連携した購買管理機能を、SAP Business Networkと接続しサプライヤー企業とのオンラインのデータ授受を実現するご提案もさせていただいております。

「SAP S/4HANA」を代表とするSAP ERP製品とSAP AribaやSAP Business Networkとのデータ連携を標準で実装しています。
SAP ERP製品にはSAP Aribaとデータ連携をするための接続ツール「CIG」*を実装しています。CIGを利用頂くことでプログラム開発なしでデータ連携ができます。CIGは追加料金なしでご利用可能なツールとしてご提供しており、またSAP ERPやSAP Aribaの機能開発に合わせて順次更新されます。これまでのようなERPのバージョンアップの都度お客様でシステム連携プログラムを開発する必要のない便利なツールです。 
*CIGはCloud Integration Gatewayの略称です。

SAP Ariba/SAP Fieldglassは世界189カ国でご利用頂いております。各国の言語や通貨や税法に対応しており、世界中のSAP社員がご利用企業のサポートをしております。

SAP Ariba/SAP Fieldglassはご契約頂いたお客様向けの専用サポート体制を持っております。お客様担当窓口、購買業務経験者によるアドバイザリー体制、サプライヤー登録推進チーム、システムサポートなど各専門部隊がシステム導入以降もお客様が順次利用拡大頂くご支援をさせて頂きます。

SAP Aribaのシステム導入は数週間~数か月のパターンがあります。システム導入はお客様のSAP Ariba対象製品やご利用範囲、対象サプライヤー数など多くの要因により丁寧に進めさせて頂いております。是非一度弊社担当窓口までお問い合わせください。

SAP Ariba/SAP FieldglassはクラウドシステムとしてSAPが継続的に機能開発をしております。ご利用企業様からの要望や購買システムの業界トレンドを基に年間200を越える新しい機能を開発・実装しております。

SAP Aribaはこれまで、日本の法律要件に対応すべくローカリゼーション開発を行ってきております。多くの日本のお客様にすでに問題なくご活用いただいております。

■電子帳簿保存法:SAP Aribaで電子取引を行う場合はお客様にて運用面含め整備をいただき、電子帳簿保存法を満たすことが可能です。

■下請け法対応:下請法対象の発注か否かのフラグ、当初書面/追加書面対応、支払い期間管理に対応しています。

■インボイス制度:2023年10月に施行されるInvoice制度へ対応すべく要件詳細をまとめ、対応方法を協議しております。また、SAP Aribaは同業10社と「電子インボイス推進協議会EIPA」を設立し、仕様決定の段階から関与する事で、2023年10月以前にAriba製品に対する電子インボイス処理を確実なものとする活動を推進しています。正式な改定要件に応じて必要となる仕様変更等を施行前に対応する予定となっております。

SAP Fieldglassはこれまで、日本の法律要件に対応すべく、ローカリゼーション開発を行ってきております。すでに多くの日本のお客様が派遣管理や役務調達業務でFieldglassを活用しています。

はい、ご利用いただけます。SAP Aribaの機能として、ソーシング、契約管理、サプライヤ管理は直接材・間接材共通のプラットフォームとしてご利用いただけます。発注~請求機能についてはSAP ERP製品とSAP Business Networkを接続することでサプライヤー業とのオンラインのデータ授受を実現します。 また、SAP S/4 HANA、SAP ERPと合わせてご利用いただくことで明細データレベルで全社支出(直接材、間接材)管理を実現することが可能です。

外部人材・役務調達購買のシステムで、派遣・請負・準委任等の契約と合わせ人材を紐付けて管理できるところに強みがあります。昨今、外部人材に関わるコンプライアンスは多くの企業が気になるポイントです。SAP Fieldglassは、調達購買の側面だけでなく人材にまつわるコンプライアンス強化の面でもご支援します。

SAP Business Networkは世界最大の調達・購買ビジネスプラットフォームです。グローバルで約670万社のバイヤー企業、サプライヤー企業がすでにこのビジネスプラットフォーム上で電子商取引を日々行っており、継続して規模が拡大中です。プラットフォームに参加する度に企業間を1:1で接続するのではなく、Business Networkにアカウント登録頂くだけで企業間を自由に接続できます。

Ariba Discovery は、Business Networkを利用中の世界中のサプライヤー企業が企業情報を登録・公開しているwebサイトです。このWebサイトから新しい取引先となるサプライヤー企業をご自由に検索頂けます。(サプライヤー企業の任意登録のため、こちらにご登録せずBusiness Networkをご利用されているサプライヤー企業もいらっしゃいます。)

SAP Aribaの各種ご紹介動画を下記にて公開しております。是非ご視聴ください。
SAP Ariba YouTube動画リスト