最新の記事

記事総数:911




デジタライゼーション実現のための「SAP Solution Extensions」とは?

「SAP Solution Extensions (SolEx)」は、SAP Business Suiteのみならず、SAP S/4HANAやSAP HANA、SAP Ariba、SAP SuccessFactorsなど、SAP製品と予めデータや機能が連携されており、様々な顧客の課題やニーズに最もフィットし、効果が期待できるソリューションパートナーと共同開発し、SAPが製品サポートする”SAPソリューション”です。 



パートナーによる「マネージドクラウド」が加速している

長年にわたってお客様のビジネスをSAPとともに支えてきたビジネスパートナー様の各種ソリューションやサービスが、SAPが推進するデジタルトランスフォーメーションの “コア”(=デジタルコア)である新世代ビジネススイートSAP S/4HANA(以後、S/4HANA)に続々と対応しています。先に、アビームコンサルティング株式会社様によるグローバル製造業向けテンプレートに関するプレスリリースが発表されました。今回はこの発表を「パートナーとクラウド」という視点から見ていくことにします。


SAP HANA Cloud Platformに関する戦略的な協業

SAPが提供するPaaS「SAP HANA Cloud Platform」の拡販に向け、パートナーとの協業を進めています。今回は、2016年3月16日に発表したクニエ様との協業についてご紹介します。


情報活用サービス「BIクラウド」での協業を通じて、富士通とSAPが描くBI市場の未来

SAP は世界で1万社を超える企業とパートナー契約を結んでおり、その中で多くのパートナー企業の皆様はSAP の OEMプログラムを活用して、それぞれの得意分野で独自のソリューションを展開しています。今回は、日本国内のSAPパートナーの中でもひときわ大きな実績を誇る富士通株式会社がSAP BusinessObjectsをベースに提供するSaaS型情報活用サービス「BIクラウド」をご紹介します。


介護・福祉分野のベストセラーソフト「ほのぼのシリーズ」の評価を支えるSQL Anywhereの差別化ポイント

インストールや運用が簡単で、モバイルから中・大規模システムまで対応可能な自己管理型データベースSAP SQL anywhere(以下、SQL Anywhere)。今回は医療・福祉の分野で大きな実績を持つNDソフトウェア株式会社に、SQL AnywhereをOEM導入した成果やメリットについて伺ってみました。














データの統合・連携がもたらすデジタルヘルスケア- 第5回:Cancer Moonshot — ダボス会議にSAPのCEOビル・マクダーモットが登場

第5回は、1月19日から開催された世界経済フォーラム(WEF、通称“ダボス会議”)初日に、バイデン副大統領がチェアマンとなり開催されたセッション“Cancer Moonshot : A Call to Action”においてIT業界からただひとり招かれたSAP CEO Bill McDermottが語ったがん撲滅に向けてのITの有効性について、WEF速報版としてご紹介します。





ドキュメントサービスをクラウド提供するSAP Forms as a Service by Adobe

数回にわたってお送りしてきたSAP HANA Cloud Platform(HCP)の紹介シリーズですが、いかがでしょうか? 今回は既にSAPのシステムを使用している方にとって活用可能性のあるサービスとしてSAP Forms as a Service by Adobe(以下 Forms as a service)のご紹介をしたいと思います。






SAP® Business One, version for HANA国内初導入

株式会社リベルタス・コンサルティング様にSAP Business One, version for HANAの国内発導入が決定した。
従来のBusiness Oneの機能を大幅に強化したSAP Business One, version for HANAの機能を整理し紹介させていただきます。


旭化成メディカルの取り組みにみるグローバル経営を支える進化するBI活用のモデルとは?

SAP Business Warehouseを導入して以降、バージョンアップを重ねながら2014年にはSAP BW Powered by SAP HANAへの移行を実現、激しく変化する市場のスピードに負けない超高速な「データの可視化基盤」を構築された旭化成メディカル株式会社の事例をご紹介いたします。





データの統合・連携がもたらすデジタルヘルスケア - 第4回:感染経路を断ち切れ!真のリアルタイム要求に応える専門家集団の戦い

データの統合・連携がもたらすデジタルヘルスケア、続編となる第4回は、エボラ出血熱の大流行がきっかけとなって立ち上がった伝染病流行監視応答システム(SORMAS)の開発プロジェクトより、人々の生命と健康を守るためのITが備えるべき要件を考察します。




データの統合・連携がもたらすデジタルヘルスケア ―― 第3回:ゲノム情報に基づいたがん治療福利厚生プログラム - SAP社の個別化医療実践

データの統合・連携がもたらすデジタルヘルスケア、最終回の今回は、SAPの社内福利厚生プログラムでも実現している、分子生物学に基づいた最先端のがんの診断と治療分野におけるIT活用例をご紹介します。



読み込み中
10 / 23...91011...20...