ビデオで分かる「RISE with SAP・SAP S/4HANA Cloud」

投稿日:2020年1月1日

RISE with SAPとSAP S/4HANA Cloudに関するセミナー動画をこちらでまとめてご視聴いただけます。

RISEのど真ん中「SAP S/4HANA Cloud, private edition」のご紹介

SAP S/4HANA Cloud, private edition~事例から考察する優れたTCO

デモで解説~最新のSAP S/4HANA Cloudの製品機能

安心・安全にSAP S/4HANAへの移行する方法

※ 動画終了時にご紹介しているSAP S/4HANA Cloud, private editionに関するオンプレミスでの既存ERP運用継続の場合と比較する簡易TCO診断サービスのお申し込みは こちら です。

連記事

  • 既存BWをHANAで高速化したサザン・カリフォルニア・エジソン

    続きを見る

  • 最新テクノロジーによる新たな金融テロリスト対策への取り組みがいよいよ米国で始動

    マネーロンダリング(Money Laundering:資金洗浄)、犯罪や不当な取引で得た資金「汚いお金」を「きれいなお金」にするという行為は、現代社会においてその手口・手段も巧妙化、さらに地理的・国際的な拡大を続け、国連薬物犯罪事務所(UNODC:United Nations Office on Drugs and Crime)によれば、毎年8000億ドルから2兆2000億ドル(世界のGDPの2〜5%)相当が資金洗浄されていると公表されています。またBasel AML Index(Anti-Money Laundering)129カ国を対象としたランキングにおいては、マネーロンダリング活動に対し有効的な対抗措置などの大きな進展はなく、42%の国が2017年から2018年にかけてそのリスク・スコアを悪化させ、37%の国が2012年よりも悪いリスク・スコアを持っていると公表しています。

    続きを見る

  • 患者の意思に基づく個別化医療 — ドイツ産官医連携DataBoxによるがん治療の取り組み

    昨今デジタルヘルスケアビジネスを志向する企業や組織は非常に多く、しばしば官公庁・医療機関・大学・民間企業の方々からのお問い合わせやお引き合いをいただきます。しかし多くの「医療データを集めてビッグデータとして活用・・・」というお話には課題があることが多いと感じます。そもそもデータを集めること自体が目的となってしまっているケース、要件を集約する体制が未整備のケース、継続的なデータ収集を可能にしプラットフォームを維持しサービスを提供し続けるビジネススキームの考慮が不十分なケース、集めたデータを分析するテクノロジストが不在のケース、などなど。さらに日本の場合は電子カルテ記録のフォーマットだけでなくデータ属性すら統一されていないという根本的な課題があります。

    続きを見る