SAP HANA®はデータベースを超える

SAP HANAはSAPが開発したエンタープライズ向けデータベースシステムです。その最大の特長は、インメモリー構成を活かした「圧倒的な高速性」にあります。すべてのデータをメモリー上に載せて処理するためディスクI/Oがなくなり超高速化が実現され、その超高速とデータ永続化を両立させる機構を併せ持っています。そして高度な並列化技術により、ノード数が増加してもリニアに性能が向上し続けることが実証されています。

パフォーマンスはもちろんですが、ERPのような基幹系システムを動作させても問題がないだけの信頼性や堅牢性も考慮されています。SAPの最新ERPソリューションであるSAP S/4 HANAはこのSAP HANA上で動作するアプリケーションであり、その性能特性を前提に開発されています。またビジネス上のあらゆるデータをSAP HANA上で統合し、分析するためのコネクタやリアルタイムデータレプリケーション機能も提供しています。

SAP HANAはマルチコアCPUの特性を引き出すべくチューニングされたデータプラットフォームですが、ハードウェアの選択肢が広いことも特長の1つです。Cloud / On Premise問わず、非常にオープンかつ選択肢の多い製品です。

SAP HANAの歴史

SAPは創業当時より一貫してお客様の「リアルタイム経営」実現の支援を行ってきました。創業メンバーの1人で、現在も監査役会議長であるハッソ・プラットナー(Hasso Plattner)は私たちのソフトウェアの性能が従来のデータベースでは十分に発揮できていないことに気付き、自らが設立した教育機関の学生たちと共に次世代エンタープライズアプリケーションのあるべき姿と「応答時間ゼロ」を目指すデータベースの研究に着手しました。そこで目をつけたのがインメモリーデータベースです。SAP HANAは、デザイン思考を取り入れた製品開発の末、真のエンタープライズ向けデータベースシステムとして誕生しました。

SAP HANAの歴史年表

超高速RDBMSにより
実現されるユースケース

1 データマートレスなデータウェアハウスによる迅速な意志決定支援

  • SAP HANAではデータマートレスで高速にレポーティングが可能なため、シンプルで柔軟な分析データモデルの実装が可能
  • 開発、運用の工数削減、データ鮮度・品質向上、データ容量の削減、レポーティングの自由度向上等を実現

2 バッチ処理時間の短縮による業務改革

  • SAP HANAの高速性によりバッチ処理時間を大幅に短縮可能
  • 夜間バッチのRe-run時間の確保、翌日業務開始への影響排除、日次バッチから毎時バッチへの変更による業務改革等を実現

3 参照処理のオフロードによるTCO削減

  • SAP HANAのレプリケーションにてセカンダリサイトへの参照処理オフロードが可能
  • プライマリサイトの負荷軽減、セカンダリサイトの遊休資産有効活用等を実現

4 SAP HANAによる高度な分析基盤の実現

  • SAP HANAに搭載された各種エンジンやライブラリの活用により多様なデータ活用/分析が可能
ご相談・お問合せはこちらから

お電話でのご相談・お問合せ(通話無料)

0120-786-727

SAP HANA
導入事例・ホワイトペーパー

ご相談・お問合せはこちらから

お電話でのご相談・お問合せ(通話無料)

0120-786-727

SPEED

SAP HANA 高速な理由

REASONS1REASONS
メモリー上のデータにアクセス

従来のデータベースではメモリー上には“キャッシュ”として一部のデータのみを保持しています。SAP HANAでは原則として全てのデータをメモリー上に保持してデータ処理を行うため、圧倒的なI/O性能の向上を実現しています。

REASONS2REASONS
分析処理とトランザクション処理を高速実行する仕組み

下の図の通りカラムストアで分析処理を高速化した上で、データの削除/更新/挿入処理時には更新データをメモリー上に保持、更新ログをディスクに同期書き込みします。そして定期的に更新データをメモリー上でメインデータに反映することで、分析とトランザクションの性能を両立しています。

REASONS3REASONS
CPUの最新テクノロジーを活用

従来のデータベース処理では左図のように「販売店 = ‘横浜店’」といった問い合わせ条件があった場合、1つのデータごとに「横浜店」と合致するかの確認処理を繰り返します。SAP HANAが活用する最新テクノロジーでは、複数のデータを一度に「横浜店」と合致するか確認する、という並列処理が実現されます。

SAP HANA
業務用RDBMSとしての特長

FEATURES1FEATURES
可用性の確保

FEATURES2FEATURES
堅いセキュリティ

FEATURES3FEATURES
運用の効率化

FEATURES4FEATURES
TCO適正化への貢献

SAP HANA オンラインセミナー

SAPプラットフォームソリューション塾③:SAP HANA

SAPプラットフォームソリューション塾③:SAP HANA

過去に開催されたセミナーを録画し、オンデマンドセミナーとして動画配信しております。ご視聴にはSAP Discoverへのご登録が必要となります。

製品紹介記事

SAPジャパンブログでは多くのSAP HANA
関連記事をご紹介しております。

境界を超えた防災・減災

境界を超えた”防災・減災社会”の真の社会実装に向けて

災害多発時代を迎えて 私たちが住む日本は世界有数の自然災害多発国です。日本の国土は全世界のたった0.25%の面積しかありませんが、世界で起こったM6以上の地震の約2割は日本周辺で発生しており、世界の活火山の約1割は日本に ...

MORE
パラダイムシフト

SAP TechDays 2018 セッションハイライト~SAP HANA概要とビッグデータウェアハウス構築のための実装技術

圧倒的な高速処理を実現するSAP HANAの内部構造を解説 SAP HANAは、SAPの次世代ビジネススイートSAP S/4HANAを支える基盤として活用されているのはもちろん、ビッグデータ分析のような大規模な処理が必要 ...

MORE
SAPNOW2019Keynote_00

明確なPurposeを見据え、社会的意義のあるイノベーションを目指すデジタル戦略 ~SAP NOW Tokyo 基調講演レポート~ Vol.1

「Innovation with Purpose ~ 社会的意義のあるイノベーションを、Intelligent Enterpriseで~」をテーマに開催された2019年の年次カンファレンス「SAP NOW」。イベントの幕 ...

MORE
faurecia flag

Faurecia社の”たられば”ライフサイクル収益企画 – 工場も品番もまだ決まってないけど市場は待っている

Faurecia社は日本では一般にフォルシアと表記されるフランスの自動車部品メーカーです。売上高は17,525 百万€(2兆2千億円), 営業利益率 7.3% (1,274 百万€ (1,600億円))で、11万人の従業員、37か国320カ所の拠点,、35の研究開発施設を構える自動車シート・内装品のトップメーカーのひとつです。実際の事業構成は、シート43% (FAS)、内装品31% (FIS)、クリーンモビリティ(排気系とEV/FCV部品) 26% (FCM)であり、日本のOEM向け規模は大きくなく、VW、FORD、PSA向けで約半分を占めています。ここ数年の主要戦略は1)スマート・ライフ・オンボード(具体的製品ではcockpit of the future)、2)サスティナブル・モビリティ(燃料電池関連や軽量化)の二つです。CASEと直截的に言うのではなく、さりげなくそのコア技術を担うリーダー的サプライヤを目指す、と言っているようです。

MORE
282631_shutterstock_418311340

高齢化社会へのヒント — ギュスターブ・ルシーが取り組む個別化医療

SAP本社からもたらされるプレシジョン・メディスンに関する新しいソリューションや海外導入事例のニュースに触れるたびに、日本の状況はどうなのか、やはり国内の情報ソースで確認するようになります。ありがたいことに医療の質に関し ...

MORE
ご相談・お問合せはこちらから

お電話でのご相談・お問合せ(通話無料)

0120-786-727

Follow us