アナリティクスに関する基本情報から、さまざまな導入事例や業務・業種別のソリューションまで、データ活用やデータ分析を検討するのに役立つ情報をSAPのエキスパートがご紹介します。

最新の記事

記事総数:511


ENEOSの変革と新規事業開発の魅力とは?

「ENEOS」と聞いて読者の皆様はどういったイメージを持つでしょうか?
人によっては「ガソリンスタンド」をイメージするかもしれません。
実は今ENEOSは、従来の石油精製・販売事業から大きな変革を推し進めています。その変革を牽引している組織が今回のインタビュー先の「未来事業推進部」で、SAPが運営するオープンイノベーションラボ Inspired.Labにも入居頂いています。




SAP Aribaの製品開発に参加してみませんか?

SAP Aribaの開発チームがどのようにしてお客様からの貴重なご意見を収集し、開発につなげているかご存知ですか。「Customer Influenceについては聞いたことがあるけど、いまいち仕組みがよくわからない」といった声もよく聞かれますが、実際には新機能の提案からリリース後のサポートまで、さまざまな場面でお客様から直接フィードバックをいただく機会を設けています。



業務改革:成功事例と失敗事例、あなたはどちらを参考にしますか?

成功事例と失敗事例、どちらも良く聞きますが、違いは何でしょうか?皆さんが業務改革プロジェクトを推進する立場だったら、どちらを参考にしますか?このブログは、業務改革に挑戦するお客様の事例から「成功と失敗」について考えたことをご紹介します。


村田製作所が挑むニューノーマル時代の人材育成

サステナブルな社会・企業を目指すうえで、コロナ禍で大きく影響を与えた1つの論点は「企業と従業員との関係の変化」で大きくは下記の通りです。
1.個々の社員の会社における目的意識の高まり
2.リモートワーク化で困難になった人材管理
今回は、まさにこの2つの課題に向き合って先進的な取り組みを進めている村田製作所の担当者の皆様にお話を伺うことが出来ました。


SAP BusinessObjectsとSAP Analytics Cloudで 目的に応じて分析ツールをハイブリッド活用 人材/組織の変革と経営基盤の充実へ

東急建設株式会社は、鉄道・道路・橋梁などの土木事業、多摩田園都市開発や渋谷再開発などの大規模プロジェクトを多く手がけています。環境変化への対応力を高めるため、近年では新たな戦略事業の核となる不動産事業、国際事業なども展開 ...


新型コロナウイルスワクチン接種大作戦—IT企業がエコシステムのDX推進を通じて支援できること

SAPは、これまでのライフサイエンス業界での知見を活かし、2020年11月より企業によるワクチンの供給と流通の管理を改善し、政府とその業界パートナーによる集団ワクチン接種プログラムの調整と展開を支援するワクチン・コラボレーション・ハブ(以下VCH)の提供を開始しています。



サステナビリティと事業を融合したヒューリックの先進的な取り組み

本記事はヒューリック株式会社(以下ヒューリック)向けに行われたオンラインインタビューを元に構成しています。ヒューリックといえば不動産デベロッパーとしては名が知られていますが、サステナビリティへの先進的な取り組みとしてもよく話題に挙がります。今回は、その推進担当の方に中身について伺いました。


SAP PCFA(Product Carbon Footprint Analytics)紹介

地球全体での脱炭素社会に向けて、国内外で急速に新しい取り組みが進んでいます。
先進的な企業では、自社の排出量責任だけでなく、調達先の企業にもCO2排出量基準を要請するなど、バリューチェーン全体へその影響が広がっています。
本投稿では、SAPが気候変動対策として立ち上げたプログラム「CLIMAT21」のうち、第一弾として発表した ”SAP PCFA(Product Carbon Footprint Analytics)”の代表的な画面を紹介します。


SAP Cloud Platform が実現した NLMK従業員の安全

リペツクという名の町がある。1703年、帝政ロシアのピョートル大帝は鉄鉱石の鉱床に近いこの町に、砲弾を作る鋳物工場を作るように命じた。その後、リペツクは冶金・金属工業・機械製造によって発展してきた。現在、コンビナートが立ち並ぶこの町には、ロシア最大の鉄鋼企業であるノヴォリペツク・スチール(NLMK)の本社がある。





サステナビリティの本質とその指針について

2021年が始まり、一年の新しい計画を立てている読者の方々も多いかと思います。
個人だけでなく、法人の視点でも、経営舵取りの指針を見直そうという動きが、昨年の新型コロナによる影響を受けて増えているように感じます。
本投稿では、2020年のパンデミックや政府の脱炭素宣言を受けてにわかに話題となった「サステナビリティ(持続可能性)」に対する向き合い方について取り上げてみたいと思います。



ドイツのモノづくりテクノロジー企業3社がIndustry 4.0のいまとこれからを語る

2020年9月にSAPが開催した「モノづくりバリューチェーン・リーダーズサミット」からハイライトを紹介します。本サミットにはシーメンス株式会社 代表取締役社長 藤田研一氏(現在は代表取締役会長)、ベッコフオートメーション株式会社 代表取締役社長 川野俊充氏が参加して、ドイツを代表するモノづくりテクノロジー企業の3社から、新型コロナで重要性が高まる Industry 4.0 の最新情報を紹介することを目的に開催されました。


SDGsの実現に向けた国・企業の動向

ターゲット時期まで10年を切ったSDGsについて、全体で推進する国連が発信している情報及びそれに関するSAPの活動、また日本企業の取り組み状況についてご紹介します。


プロセスマイニングとは何か?

「プロセスマイニング」という言葉をご存じでしょうか。これは業務改善手法のひとつであり、欧州で2010年代に入りその考え方が広まり始め、近年グローバル企業での積極的な活用事例が公表されています。残念ながら、日本では海外の先進動向に敏感なコンサルティング会社等一部の先を除いて、多くの企業で「プロセスマイニング」についてはまだあまり認知されていないのが現状です。しかし、日本国内でも本年6月に一般社団法人プロセスマイニング協会が設立され、プロセスマイニング関連事例を取り扱った書籍も発行される等、注目度が増しています。


ESG活動を価値に変えるABeam Digital ESGサービス

SAPパートナーのABeam Consulting 今野様から、Digital ESGサービスを事例交えて紹介してもらいました。「非財務資本(ESG)のもつ見えない価値を顕在化し、企業価値との関係性を明らかにする」サービスです。


触ってみよう!SAP Analytics Cloud の Smart Predictで分類予測

SAP Analytics CloudはSAPが提供するクラウドベースのアナリティクスソリューションです。BI(可視化)、Planning(予算計画管理)、Predictive(予測・機械学習)の機能を一つのプラットフォーム上で提供しています。これら機能を相互にシームレスに連携しながら活用することで、製品としての価値を最大限発揮することができます。


SAP Analytics Cloud の Augmented Analytics 概要

近年、AIや機械学習でデータ活用をサポートする「Augmented Analytics(拡張分析)」への関心が高まっています。Augmented Analytics(拡張分析)は、データ準備やデータの探索、原因分析、予測などを、機械学習や自然言語処理(NLP)などの技術によって自動化するものです。


触ってみよう!SAP Analytics Cloud for planning―第3回:着地見込み計画

SAP Analytics CloudはSAPが提供するクラウドベースのアナリティクスソリューションです。「BI(可視化) 」、「Planning(予算計画管理) 」、「Predictive(予測・機械学習) 」の機能を一つのプラットフォーム上で提供しています。本ブログは、商品の販売計画の着地見込みを例にPlanning(予算計画管理)機能を体験するハンズオンとなっています。ブログは3回構成になっており、第1回:アカウント登録及び計画モデル作成、第2回:計画入力画面の作成、第3回:着地見込み計画をご紹介します。


SAP Analytics Cloud の Smart Predict 概要

SAP Analytics Cloudの予測分析機能の中心である、Smart Predictをご紹介します。Smart Predictは、ビジネスユーザーでも簡単に予測モデルを作成できる機能になります。


触ってみよう!SAP Analytics Cloud for planning―第2回:計画入力画面の作成

SAP Analytics CloudはSAPが提供するクラウドベースのアナリティクスソリューションです。「BI(可視化) 」、「Planning(予算計画管理) 」、「Predictive(予測・機械学習) 」の機能を一つのプラットフォーム上で提供しています。本ブログは、商品の販売計画の着地見込みを例にPlanning(予算計画管理)機能を体験するハンズオンとなっています。ブログは3回構成になっており、第1回:アカウント登録及び計画モデル作成、第2回:計画入力画面の作成、第3回:着地見込み計画をご紹介します。



最新版リリース! SAP BusinessObjects BI4.3のご紹介

SAPはSAP BusinessObjects BIをエンタープライズレポーティングのコアソリューションと位置づけ、お客様に新たなイノベーションを提供していきます。今回は2020年6月に正式リリースしましたSAP BusinessObjects BI4.3の新機能や、前バージョンとの違いを中心にご紹介いたします。


キーワードは回復力、収益性、サステナビリティー ~ 2020年 各業界DX取り組み最新状況

SAPジャパンの業界スペシャリストが選んだ最新のDX取り組みのご紹介です。具体的には、SAP Innovation Awards 受賞者発表後の半年間に公開された、各業界の未来を見据えた取り組みです。
ご紹介は、今年6月のSAPPHIRE NOW Reimaginedで、SAP CEO Christian Kleinの基調講演で明らかにした3つのキーワードをResilience(回復力)、Profitability(収益性)、Sustainability(サステナビリティー)に沿っています。


気候変動への対策 − SAPソリューションが貢献できること

気候変動への対策が喫緊の差し迫った課題であることにもはや異論はないでしょう。SAPソリューションは、それらの課題解決に向けて、どのような貢献ができるのでしょう。SAP Product Carbon Footprint Analyticsのデモを中心に、CO2排出量の削減に向けて、“Green Line”の重要性と求められる新しいマインドセットについて深掘りします。


Vodafone:SAP S/4HANAをてこにしたインテリジェントエンタープライズの実現

ヨーロッパを中心にグローバルで携帯電話事業を展開するVodafone(本社:英国)はSAP製品を活用した長期にわたる事業変革を進めており、今回SAP ECC6.0からSAP S/4HANAへのアップグレードによる次世代の経営基盤構築を実現しました。このマイグレーションは、SAPの全顧客の事例のうち5本の指に入る最大級のSAP S/4HANA導入でしたが、プロジェクト総工期18ヶ月という迅速な導入の成功事例ともなりました。


Vodafone:長期にわたるデジタル変革

Vodafoneは、2020年現在、世界で3億加入以上のモバイルユーザと5000万のブロードバンド/ケーブルテレビサービスを提供し、収益は450億€、10万人の従業員を抱える、世界最大級のモバイル通信企業グループです。22カ国で自社ネットワーク設備を持ち、それを含めた48カ国でサービスを提供し、ローミングを含めたサービスを100カ国以上で利用できます。


KION Groupの長期ビジネス戦略に沿ったデジタル変革

ドイツKION Groupの長期事業戦略と、それに沿ったIT変革について3点紹介します。
インダストリー4.0に必要なイントラロジスティクス4.0実現にむけて
MES (製造実行システム) の一元化
PLM (製品ライフサイクル管理) の一元化


快適さと経済性をバランスした新たなカーライフスタイルの広がり

生活に必要なモノは、購入・所有が当たり前という認識が変わりはじめています。ブランド、デザイン、性能、諸元、価格、支払条件、アフターサービス、同乗する家族の声などをもとに比較検討を行い、購入を決定して所有してきた高額耐久消費財のクルマも例外ではありません。


銀行業界のディスラプター、Discovery Bank

元々、Discovery Ltd.(以下「Discovery」)は南アフリカを拠点とする金融サービスグループであり、1992年に設立され、従業員数は約13,000人。世界初となる「健康増進型」保険で世界の保険の常識を一変させた南アフリカ発の業界異端児。現在の彼らの主要な金融サービスは、医療保険と生命保険のみならず、投資、貯蓄、カード、銀行へと拡がっています。そして他社に先駆けて構築した行動変容プログラムのプラットフォームとエコシステムが最大の強みとなっています。


マージンを最大化し続けるロイヒルのインテリジェント・サプライチェーン・フォー・アセット

ピンク色に覆われた大地を ピンク色の重機が縦横に走り回る。ロイヒルは西オーストラリア州のピルバラ地域で行われる鉄鉱石採掘プロジェクトだ。日本の総合商社である丸紅も15%を出資するこのプロジェクトは、ハンコック・プロスペクティング社のジーナ・ラインハート会長が描いた構想を具体化して始まった。年間6,000万トンを採掘し、ポートヘッドランドに積出港を1つ、積載船2隻とシップローダーを1基保有し、輸送用鉄道は344kmにおよぶ。


利用者の声をもとに、「使えるものは使う」方針で

今回取り上げる事例は米オーランド市です。
新型コロナウィルスへの対応のため迅速に行政サービスのオンライン化へ対応するだけでなく、これをきっかけにデジタルトランスフォーメーションを推進しました。完璧を目指さずに、あるものを使って迅速に対応しつつ、利用者の声を反映し改善していく、そのような取り組みには学べる点がいくつもあります。


世界が求める環境改善への想いが躍進の原動力

ユニコーン企業の定義は「非上場ながらも市場評価額が10億ドルを超える企業年数10年以内の企業」であり、当然ながらビジネスがグローバルスケールで急成長しているのが特徴ですが、そのスピード感を生み出した理由を探ってみると、興味深いことが詰まっていると実感します。そこで、今回もユニコーン企業からニューノーマルな時代を生き抜くヒントを探してみました。その企業とはリチウムイオン電池の世界トップカンパニーCATL社です。


読み込み中
1 / 13123...10...