アナリティクスに関する基本情報から、さまざまな導入事例や業務・業種別のソリューションまで、データ活用やデータ分析を検討するのに役立つ情報をSAPのエキスパートがご紹介します。

最新の記事

記事総数:401

my震度 — 白山工業とSAPの地震防災の取り組み、世界へ!

SAPジャパンは2016年4月より白山工業様と協業させていただいています。テーマは地震防災。白山工業様は地震観測のプロフェッショナル集団、弊社はインメモリーコンピューティングプラットフォームSAP HANAの提供元。この2社の強力なタッグで未だこの世にない地震防災のしくみの構築を目指しています。


SAP Ariba Live が東京にやってくる!

SAP Aribaは世界最大のビジネスネットワーク・クラス最高のクラウド調達・購買ソリューション、および革新的なビジネスモデルを提供し、ビジネスのモダン化と成長を支援しています。SAP Aribaでは、グローバルで “SAP Ariba Live“ という年次カンファレンスを開催し、その年の最新ソリューションや新機能、ロードマップや導入事例等をお客様及びパートナー企業様にご紹介するとともに、ネットワーキングの機会としてご活用いただいております。会場にはスポンサー企業様の出展ブースも多数あり、SAP Aribaを直接見て、触れて、聞くことができるお客様参加型のイベントになっています。



SAP Leonardoにより進化するデジタル時代の財務経理組織の在り方と デジタルファイナンスプラットフォーム

多くの企業のCFO部門が、デジタルテクノロジーを活用し始めています。SAPが実施した組織/人、ルール、業務プロセス、ITの「四位一体」のファイナンストランスフォーメーションを紹介。さらに、SAP Leonardoによる、ファイナンス領域における機械学習の活用について解説します。


「IoT」はいったん忘れましょう。SAP Leonardoが支援するイノベーション企画の進め方の事例

耐久品を製造する企業が、IoTを使ってお客様先に収めた機器の予防保全をしたい、 また、ビジネスを「モノ」から「コト」へ変革したいという企画は良く耳にするテーマです。

そのような企画を進める企業に対して、SAPでは、いったん「IoT」といった技術要素は忘れて『幅広い視点で一回考えてみませんか?』と提案します。

今回は、より早く確実にイノベーションを実現するSAP Leonardoの進め方と合わせて、どのような検討の仕方がより確実かについて、ある企業の事例をもとに考えてみたいと思います。




SAP Leonardoコンサルタントに求められるスキル ~ デジタルトランスフォーメーション時代のSAP Leonardo Learning ~

デジタルトランスフォーメーションの実現には、RUNとWINの両輪、これらはどちらも不可欠です。今回は、特にイノベーション実現のシステムとしてのWINエリアであるSAP Leonardoの世界の学習について、SAP Education JAPANよりご紹介いたします。


お客様別SAP Fiori適合性診断サービス

今のSAP ERPの使用範囲で想定すると、SAP S/4HANAになった際にどのようなSAP Fioriが標準で用意されていて、どのような効果が期待できるか?という疑問にお答えするのがお客様別SAP Fiori適合性診断サービスです。


通信販売ビジネスのカタログ送付数や顧客分析に 人工知能や機械学習が貢献

テレビ朝日グループでテレビ通販ビジネスを展開するロッピングライフと、カタログ通販大手のディノス・セシールの先進的な取り組みを紹介し、SAP Predictive Analyticsの導入/運用支援パートナーであるブレインパッドと共に、パネルディスカッションを行いました。





現状分析から「次に何をするのか?」の洞察に広がる データアナリティクスの最前線

IoTやAI、機械学習といった技術革新を追い風に、データ分析の用途や幅が拡がりつつあります。AnalyticsとLeonardoのチーフエバンジェリストであるシャイレンドラ・クマールがアナリティクス=データ分析が、今後のビジネス成長のカギとなることを示唆しました。


データと事例で理解する~製造業の課題解決に、IoTという選択肢を~

ここ数年多くの議論が交わされてきたIoT(Internet of Things:モノのインターネット)。言葉自体は普及したものの、実際に導入している企業はまだ少数です。最先端のテクノロジーであるIoTは、ともすれば大企業が「未来への投資」として導入しているにすぎない、とさえ考えている人もいるでしょう。しかし、実はIoTは製造業が抱えている根本的な問題を解決し、業績を伸ばすソリューションなのです。「現実的選択肢」としてのIoTをデータと事例を参照しながら解説します。








SAPのMachine Learningソリューション!SAP Cash Applicationとは?

Machine Learning(機械学習)の技術を利用し、未消込債権データと銀行からの入金データとのマッチング率を向上させる業務を効率化するソリューション SAP Cash Applicationの主要な機能やその効果について、先行事例を交えご紹介します。







IT担当者がプロフィットセンターのリーダーに!?データ分析で真価を発揮するITプロの役割とは?

従来は社内の「困った」を解決する役割が主だったIT部門ですが、最近では事業への直接的な貢献が求められるようになってきています。裏を返せば、ビジネス拡大においてITはますます重要度を高めているのです。ITの役割の変化、さらにデータ分析とIoTの活用について解説します。



SAP Predictive Analytics 3.2 新機能と製品ロードマップ

SAP S/4HANA、SAPクラウドアプリケーションに蓄積されたデータの可視化・分析を可能にするSAPアナリティクスソリューションの中から、予測分析ツールであるSAP Predictive Analytics3.2の新機能と製品ロードマップをご紹介します。



SAP Fiori launchpad in SAP S/4HANA 概要紹介

新しいユーザーインタフェースSAP Fioriへのシングルエントリーポイントを提供するSAP Fiori launchpadの利用方法とパーソナライズ、および管理者による各種設定方法に関して、サンプル画面を交えながらご紹介します。








改めて定型レポート SAP Crystal Reports

SAP S/4HANA、SAPクラウドアプリケーションに蓄積したデータの可視化、分析を可能にするSAPアナリティクスソリューションの中のレポーティングツール、SAP Crystal Reportsをご紹介。


人材育成に必要不可欠なコーチング

Continuous Performance Management(継続的評価管理、以下略してCPM)と呼ばれる、SAP SuccessFactorsの新しい機能をSAP全社で導入を開始しました。新しいモデルでは、従来の年次の人事考課を強化する目的で、上司が部下を継続的に高い頻度でコーチングとフィードバックを行います。KPIという公のゴールと私的なキャリアゴール、両方について成果を上げ、業績に結び付けます。人材育成を通して、人材管理を行ってく新しい評価育成管理と呼んでもいいでしょう。


読み込み中
3 / 11...234...10...