業務アプリケーションに関する基本情報、業務・業種別ソリューション、実際の導入事例を中心に、SAPのエキスパートがご紹介します。

最新の記事

記事総数:368





SAP S/4HANAで総合物流業務を実現

物流領域の輸送管理や拡張倉庫管理など、SAP S/4HANAの中で実現可能となった物流現場のオペレーション実行・管理ソリューションの概要をご紹介します。




SAPのMachine Learningソリューション!SAP Cash Applicationとは?

Machine Learning(機械学習)の技術を利用し、未消込債権データと銀行からの入金データとのマッチング率を向上させる業務を効率化するソリューション SAP Cash Applicationの主要な機能やその効果について、先行事例を交えご紹介します。


SAP S/4HANA の最新版、1709リリースが提供開始

パフォーマンス向上、直観的なユーザー・エクスペリエンスの実現、様々な業務別・業種別システム・ランドスケープのシンプル化など、さらなる機能拡張や最新の技術の取り込みを行っている最新リリースSAP S/4HANA 1709のハイライトをご紹介します。











SAP S/4HANAで実現できる生産計画ソリューション

サプライチェーン計画とERP(基幹)およびMES(製造実行管理)が垂直統合することで何が価値としてもたらされるのか。今回は、生産計画/詳細計画ソリューションProduction Planning and Detailed Schedulingの概要と特長についてご紹介します。









API Business Hubで SAPのAPIをフル活用しよう!

SAP API Business HubはSAPソリューションが提供する一連のAPIの総合カタログであり、クラウドやオンプレミスを含む各種ソリューションのAPIを一元的に検索、確認することが可能です。


Concur Invoiceを選ぶ3つの理由。請求書処理を自動化、工数を7割削減!

ベンダーへの支払処理を自動化することで従業員、顧客、サプライヤーとの関係を良好にするだけでなく、コンプライアンスの強化、業務の効率化、支出の可視化に極めて有効です。調査会社IDC社は中小企業から大企業まで8社のインタビューを通じ、Concur Invoiceのコストや利点について調査内容をご覧ください。




どんなクラウドサービス?Concur Invoice をアニメで解説。

Concur(コンカー)は 経費精算クラウド以外にも、面倒な間接業務を効率化する様々なクラウドサービスを提供しています。Concur Invoice は経理部門の請求書処理に関わるペーパワークを徹底的に排除し、全社レベルのガバナンスを効かせながら、ベンダー経費の見える化と効率化を支援します。



2017 Hannover Messeのハイライト

2017年4月24日から28日の5日間、6500社以上が出展し、延べ来場者数は22万5000人超というドイツのハノーバーにて開催されたハノーバーメッセ2017のSAPブース展示についてご紹介します。


どんなクラウドサービス?Concur Expenseを動画で解説。

Concur(コンカー)は世界各国の言語・通貨・法令に対応し、全世界で8兆円以上の経費を処理しています。日本だけでもすでに数千億円を処理する規模となっています。その概要をビデオにてご用意しましたので、是非、ご覧ください。



無駄な業務をクラウドで楽しく。謎の集団「Concur Labs」であなたの働き方はいつも世界最新。

日々進化し、一般に普及が進む革新的な技術とコンカーが合体するとどんなことが起きるのか?コンカーの研究機関である 「Concur Labs」 ではそんな期待に応えるべく、日々、研究とプロトタイプ開発を行なっています。今取り組んでいるプロジェクトを含めビデオにまとめましたので、是非、ご覧ください。






読み込み中
2 / 10123...10...