中堅・中小企業のデータ分析のポイント―効率的に分析し、業務に活かすには

大企業だけでなく、中堅・中小企業にとってもデータ活用は重要です。しかし実際には、「データはあるが活用しきれていない」「手間をかけて分析してもその結果を業務に活かせない」といった声を耳にします。効率よくデータを収集・分析して、PDCAサイクルを回すためにはどうすればよいのでしょうか。
今回は過去にご紹介した、Analyticsシリーズ(全3回)の記事をご紹介します。

▼SAPのデータ分析 SAP Analytics Cloudについて詳しくはコチラ
https://www.sapjp.com/analytics/


■データ分析を経営のPDCAサイクルに組み込む──分析を企業の実利に結びつける方策を知る―Analyticsシリーズ第1回

データ分析でよく起こりがちなこと──。それは分析結果を“見る”だけで、具体的なアクションに何も結びつけないことです。ただし、「分析が分析で終わってしまう」というのでは、分析の精度を上げることも、経営・ビジネス上の“実利”へとつなげることもできません。
本稿では、分析を分析で終わらせないための方策と、分析のPDCAサイクルを回すことの意義について考えます。

■AIや機械学習によって分析業務が進化する 「Augmented Analytics」の世界―Analyticsシリーズ第2回

これまでのデータ分析のプロセスをガラリと変化させようとしているのが、機械学習や深層学習などのAI(人工知能)技術を応用したAugmented Analyticsです。
本稿では、Augmented Analyticsがどのように業務を効率化するかをご説明し、実際にAugmented Analyticsを搭載しているSAP Analytics Cloudについてご紹介します。


■デジタル時代の次世代型データウェアハウス―Analyticsシリーズ第3回

激しく変化していくビジネスの局面で正しい意思決定を行うためには、社内外から集めたビッグデータをリアルタイムに分析して可視化することが必要です。その基盤となるのがデータウェアハウスです。
デジタルトランスフォーメーション(DX)が求められる中、「データ構造のシンプル化」「オープン化」「先進のインターフェース」「ハイパフォーマンス」を提供する次世代型データウェアハウスの構築が必要とされています。


関連タグ