中小企業が“2025年の崖”を跳び越えるには?事業承継と人材難解決のカギとは?

“2025年の崖”という言葉をご存じでしょうか?日本企業の多くが抱え込んでいる「レガシーシステム」と、部門ごと・業務ごとのデータの分断が、2025年以降、日本経済に年間約12兆円もの経済的損失を与え続ける可能性があるというものです。
どの企業にとっても深刻な、この「崖」をどう跳び越えるのか。2回にわたりご紹介します。
さらに中小企業にとって大きな課題である、事業承継と未曾有の人材難について、ITを活用した解決策のヒントをご紹介します。


■企業ITの“2025年の崖”を跳び越える具体策 Part1

経済産業省が企業ITの「2025年の崖」に言及したレポートを2018年9月に発表してからおよそ1年が経過しようとしています。ただし、今日もなお、このテーマに関する話題は尽きません。
今回は、この“崖”をどう跳び越えるかについて改めて考察します。


■企業ITの“2025年の崖”を跳び越える具体策 Part2

“2025年の崖”を跳び越えるためには、レガシーシステム、あるいは部門ごと・業務ごとに個別最適のかたちで構築された業務システムのドラスティックな変革が急務です。
では、具体的に何を、どうするのが適切なのでしょうか。


■中堅企業の課題、事業承継と未曾有の人材難にどう対応するか

今後ますます深刻化すると予想されている人材不足問題。特に中堅中小企業では、自分の後を継ぐ人がいないという後継者問題で悩まされています。
この記事では、ITを活用した解決策のヒントをご紹介します。

関連タグ