部分最適から全体最適へ。ERPがかなえる経営のベストプラクティスとは?

ERPは企業活動の一元化、効率化を通じて企業の全体最適を実現するものとして普及してきました。このERPには、企業が抱える新旧の課題を解決し、経営のベストプラクティスを提供できる理由があります。本記事では、ERPがなぜベストプラクティスを提供できるのかを解説します。

ERPは企業が持つ資源を有効活用し、素早く的確な経営判断に役立てようという概念から生まれています。ERPが「経営のベストプラクティスを提供する」といわれる背景には、しっかりとした理由があるのです。 ERPの特徴を踏まえつつ、効率的な経営判断に役立てるためノウハウを解説します。

ERPパッケージはベストプラクティスの集合体

ERPの概念を盛り込んだソフトウェアの集合体が、「ERPパッケージ」として世に出ていることは、ご存じの方も多いでしょう。ERPパッケージは、さまざまな企業の商慣習や業務フローをベースとしています。 さらに、BPR(Business Process Re-engineering:ビジネスプロセスの最適化)から抽出した、経営資源の有効活用と生産性向上のノウハウが詰め込まれていることも特徴といえるでしょう。ERPパッケージ自体が大きなひとまとまりのソフトウェア群であると同時に、ひとつひとつのプログラムや機能には、ベストプラクティスのエッセンスが取り込まれているのです。 例えば、受注から購買、発注、販売、請求の各伝票が整合性を損なうことなく発行されるよう、標準の機能として搭載されています。このような機能を持ったERPパッケージの導入により、自社独自でゼロから最適な業務プロセスを確立するよりも、圧倒的に早く全体最適を実現することが可能なのです。

統合されたデータベースによる全体最適と内部統制

ERPはひとつに統合されたデータベースによって各種マスターデータ、取引データを一元管理できるというメリットがあります。これは、企業の内部で何が起こっており、どういう状態にあるのかを素早く把握し、部門間で連綿と続く業務をひとまとまりの企業活動として把握するのに役立つでしょう。 つまり全体最適が達成しやすくなるのです。 また、ERPの持つデータの整合化機能、承認や申請の権限管理機能は、内部統制の最適化にもつながります。 今日、企業内部の不正な業務処理による損害は、従来の比ではありません。「コンプライアンスを遵守しない企業」というレッテルを貼られてしまえば、営業利益の低下のような内部的な損害だけにとどまらず、対外的にも顧客の離脱や信頼性の低下などを招いてしまいます。こういった事態を防ぐための内部統制対策として、厳密なデータ管理と権限管理が役立つのです。

国際会計基準への素早い対応

特に財務会計の分野では、ベストプラクティスは「国際標準」と言い換えることもできます。企業ごとの独自性を追求したシステムよりも、国際標準に従ったシステムに業務を合わせることがベストプラクティスになり得ると考えられているからです。こういった国際的な標準に合わせた仕組みを備えていることもERPパッケージの強みといえるでしょう。国際会計基準IFRSに対応済みのERPパッケージ導入は、会計分野でのベストプラクティスとなり得るのです。社内にノウハウが蓄積されていない状態であっても、ERPパッケージの導入で素早い国際会計基準への対応が可能です。

個人の働き方改革への対応を低コストで実現

東京五輪を機に、日本国内でもテレワークに対する取り組みが本格化しようとしていることをご存じでしたか? 実際に政府主導の動きもあり、7月24日を「テレワーク・デイ」として位置づけられているのです。 このような背景のなか、テレワーク、モバイルワークを代表とする従業員の働き方に多様性をもたせるという活動の普及、浸透は企業の在り方や人材の有効活用に大きな影響を与えると考えられています。つまり「働き方改革」に寄与しているか否かが、従業員からの評価を左右するのです。時間や場所の制約から従業員を開放し、純粋に業務のみへのスムーズなアクセスを実現できれば、優秀な人材を確保しやすくなるでしょう。 クラウドベースのERPは、こういったテレワーク・モバイルワークへの対応をも含んでいます。 しかも、クラウドの利点を発揮し、低コストで導入・維持が可能です。 ERPがかなえるベストプラクティスのなかには、働き方改革へ対応しつつ、いかに優秀な人材を低コストかつ低リスクに維持するかといった点も含まれているのです。 伝統的な全体最適やリアルタイム経営から、近年話題の内部統制やIFRS、テレワーク・モバイルワークまで、ERPで解決できる経営上の課題は数多く存在しています。これらを総合的に考えたとき、ERP導入が経営判断の迅速化、効率化、生産性向上に対するベストプラクティスと考えられるのではないでしょうか。

関連タグ