ERPのメリット・デメリットとは?最適なERPの選び方

ERPは、経営資源の効率的な利用と最適化、そして経営リーダーの的確な判断のためにあらゆる規模、あらゆる業界の企業で浸透しつつあるツールです。そして規模の大小に関わらず早い経営判断や企業活動が求められる今、“中堅・中小企業にこそ必須のツール”という声も高くなってきました。本稿では、ERPがなぜ中堅・中小企業に適しているのか、導入におけるメリット/デメリットと、そしてそれを踏まえたERPパッケージの最適な選び方について説明します。

ERP導入は課題からの脱却を目指す企業にこそ適している

ERPを導入して大きな成果が上がるのは「現状の課題からの脱却」を強く望む企業です。
企業が持続的に成長するには優れた経営戦略が必要ですが、優れた経営戦略を実行するには人の手と頭だけではカバーしにくくなってきています。優れたITシステムの活用により、情報の管理、分析、統合を自動的かつ高速に行える環境を整えることが、優れた経営戦略の鍵になります。
つまり、ヒト・モノ・カネを効率よく動かす基盤となるERPの環境を整えることが経営戦略の鍵であり、自社の成長に限界を感じて「次なる一手」を求める経営者にこそERPは最適なITシステムなのです。

そしてERPの活用においては、大企業よりもむしろ中堅・中小企業のほうが有利といえます。重厚長大なプロジェクトを合議制で運営するよりも、経営者のリーダーシップと中堅・中小企業の機動力を活かすことで、短期間でコンパクトにERPを導入でき、すぐに活用を始められるからです。
現にERPの導入は業種にかかわらず効果を上げており、なかでも製造業、IT、コンシューマー、ECといった業種を中心に中堅・中小企業の躍進を支える土台になりつつあります。

現代のビジネスに求められるスピード感は、数年前とは比べ物にならないほどです。時には、即座に経営判断の軌道修正が必要になることもあるでしょう。そんな時こそ、ERPから得られる各種データは的確な判断材料になるはずです。

※参考記事
経営にもスピード感を。スピード感がある経営判断の根拠としてのERP

ERP導入でできるようになること

では、ERPの導入により何ができるようになるのでしょうか。

現在、あらゆる企業内には経理、購買、営業や店舗(販売)、人事給与など各部門があり、それぞれが独立して必要なデータ管理を行っています。
これまではもちろん部門間でデータのやりとりはしていましたが、人が介在して行っても問題ないスピード感でした。近年はデジタル技術の発展により、さまざまなデータを活用する動きが活発になってきたことで、企業活動によって生まれるデジタルデータを集約・分析し、新たな知見を得られることに注目が集まってきました。
しかし、システム間のデータ連携の仕組みが整備されていないと、情報のやりとりにリードタイムが生じリアルタイムな情報が上がってきづらくなります。また、各業務システムの仕様がバラバラだと、データの不整合や伝達ミスが起こりかねません。

ERPを導入すれば、こうした問題をクリアし社内データをすべて一箇所に集めることが可能になります。

例えば、販売管理でデータに変更が生じた場合は即座に全社の関連部署に反映され、自動的に更新されます。部署や部門間でのデータ二重化による不整合などは一切起きなくなります。こうしたデータの一元化により、売上、利益、生産工数とコストのデータをリアルタイムで把握できるので、今の情報を元に最適な経営判断が可能になるのです。

あらゆる業務のリアルタイム処理を実現
さらに、製造業における出荷業務では、異なる分野のデータでも各部門の垣根を飛び越え、タイムラグなく反映されます。シリアルやロット単位で品目を管理したり、在庫の数量調整や市場価値に応じたコスト計算を行ったりすることもできるので、不良在庫化を防ぎつつ効率化が可能です。
社員の異動や給与に関する情報、製品の生産管理機能も包括しており、文字通り「ヒト・モノ・カネ」に連動して、データをリアルタイムに更新できます。

※参考記事開著 中堅・中小企業のモノ作りをサポートするERPの生産管理機能とは?

このようにERPなら、今までのシステム間の連携の悪さを解消し、あらゆる経営資源の整合性を取ることができるのです。

ERP導入のメリットとデメリット



あらゆる業務データを1つのシステムで統合し、リアルタイムで管理するERPですが、導入するメリットとデメリットもあります。これらを踏まえた上で、自社で期待されるパフォーマンスが発揮されるのか、投資対効果に見合っているのかを検討しましょう。

まず、メリットとして考えられるのは、主に以下の4点です。

  • 業務の効率化や迅速化に役立ち、パフォーマンスを高め、成長とイノベーションを可能にする
  • 部門間を横断したデータ連携により業務可視化を促進し、業務効率化と意思決定の精度が向上する
  • 正確でタイムリーな情報に基づいて優れた顧客サービスを提供できる
  • 顧客情報の管理、特定の資格を保持した取引先の管理、完遂業務への請求・支払処理、各種決済といったビジネスプロセスの高度な効率化につながる
こうしたメリットは、経営資源の効率的な運用を可能にし、中堅・中小企業の機動力強化に貢献します。また、煩雑になりがちな経理や資金繰りが透明化されるので、金融機関からの融資を受けやすくなるという副産物も期待できるでしょう。

※参考記事
日本の中堅・中小企業がERP導入で得られる5つのメリット

一方、ERP導入のデメリットは、次の2点に集約されます。
  • 導入および運用にかかるコスト
  • 導入時に通常業務が中断してしまうこと
ERPの導入には専門知識を持った導入コンサルタントやエンジニアという人的リソース、ERPパッケージのライセンス利用料金などが必要です。また、全社的に導入すべきシステムであるため、導入プロジェクトにかかるコストや期間も想定以上に大きくなることもあります。中には導入プロジェクトに数年かかり、通常業務へ影響が出たという企業も少なくありません。さらに導入後も、メンテナンスや機能の改修を行う専属の運用・保守担当者が必要です。このように導入から運用・保守のコストや工数が、中堅・中小企業への導入が進まない足かせとなっているという背景があります。

確かにERPの導入は、中堅・中小企業の経営者への心理的なハードルは高いかもしれません。しかしERPは、既存のシステムでは実現できなかった業務効率化、可視化を達成し、迅速かつ的確な経営判断を可能にするというメリットがあります。

これは、従来のITシステムでは解決が難しかった課題です。ERPの登場以来、多くの企業が多大なコストを支払ってでも導入を推進してきた理由は「コストに見合った効果」が期待できるからです。
ERPは、現代の中堅・中小企業が求めている「柔軟かつスピーディーなビジネス展開」や「業務プロセス改革」に対し、ダイレクトに効果を発揮することができます。

※参考記事
システム稼働後のITコストを最小化。運用コスト削減はクラウドERPで実現

最適なERPパッケージを選択するためには

現在、ERPは「オンプレミス型ERP」と「クラウド型ERP」の2つに分類されます。ERPは導入コストや工数が高く足かせとなりやすいと解説しましたが、それらを解消するために登場したのがクラウド型ERPです。
ここでは、中堅・中小企業が最適なERPパッケージを選定する上で、必要なことについて説明していきます。

中堅・中小企業がERPを導入する場合、次のような視点が必要になります。

  • 優れたビジネスシナリオを備えているかどうか
  • ビジネスの規模に合った最適なサイズかどうか
  • ランニングコストの低さ
中堅・中小企業が成長するためには、できるだけ導入時の負担が軽く、ビジネス規模に応じてスケールしやすいパッケージであるものを選定し、「ヒト・モノ・カネ・情報」をいかに低コストかつ短期間で最適化できるかが重要です。もちろんランニングコストが低いことも選定時のポイントの1つです。

これらを満たす可能性が高いのは、主にクラウド型ERPといえるでしょう。特に経営のベストプラクティスをビジネスシナリオとして結集しているクラウド型ERPならば、そのシナリオを活用することで導入時の負担は圧倒的に軽くなり、導入後のビジネス成功にも貢献するはずです。
またERP導入には、経営者のリーダーシップが大きく影響しますので、中堅・中小企業の経営者はERPの導入フローについて知っておくことが大切です。このような導入に関する資料が豊富に用意されているかどうかも、クラウド型ERPを提供している企業を選定する時の注目すべきポイントです。

※参考資料ダウンロード
E-Book『中堅・中小企業必見 ERP導入マニュアル ~課題把握、ERPの特徴、導入フロー、保守・運用までを徹底解説~』

ERPは、導入コストの大きさが「失敗のきっかけ」になることが多いため、導入時のコストと、導入後の収益改善を天秤にかけることも大切です。
ただし導入時のコストが小さければ成功確率が上がるという意味ではありません。ERPの導入で期待される各種業務のリードタイムの短縮、人的コストやコミュニケーションコストの削減が、具体的にどの程度の収益改善につながるか試算しておくことが重要となります。

導入負担が少ないクラウド型ERPで、自社のポテンシャルを開花

中堅・中小企業のERPには短納期での導入が可能で、低いランニングコストながら豊富なビジネステンプレートの用意があるクラウド型ERPが、成長の礎になりえるといえます。

SAPのERPなら、企業規模や事業の複雑性に合わせて豊富なラインナップから選択が可能です。導入時の負担を大きく削減できる豊富なビジネステンプレートが用意されているため、「ビジネスシナリオ」の質と量で、他製品の追随を許さない強みがあります。

SaaS型でサブスクリプション契約を採用しており、毎月一定の費用でERPの導入・保守・運用が可能です。SAP のERPを活用することで、経営者のビジョンをすぐ形にし、企業のポテンシャルを開花させるきっかけになるでしょう。

関連タグ