基幹システムとERPは何が違う?機能の差を知って最適なIT投資を

企業の多くの部署で、業務の効率化やスピード化が求められていることでしょう。特に中堅・中小企業においては、業務の効率を向上させるために基幹システムの改修を検討している企業も多いのではないでしょうか? 今回は基幹システムからの移行先として有力なERPについて、その言葉の定義や解決できる課題を紹介します。

中堅・中小企業の経営者のなかには、基幹システム=ERPという認識を持っている方も多いのではないでしょうか。確かにERPが浸透した現代においては、この認識は間違いではありません。しかし、厳密には基幹システムとERPは分けて考えるべきものであり、それが経営課題の解決にも役立つのです。今回は基幹システムとERPとの違いを明確にし、既存の基幹システムをERPに置き換えることのメリットを解説します。

基幹システムとは何か?

基幹システムとは企業のさまざまな主要業務を支える重要なシステム全般を指します。企業がビジネスを行う上で必須となる重要な業務を支えるシステムのため、「基幹」という名がついているのです。一般的に基幹システムは「バックオフィス系」「業務系システム」などとも呼ばれており、次の6つに分類できます。

  • 生産管理システム
  • 販売管理システム
  • 購買管理システム
  • 在庫管理システム
  • 会計システム
  • 人事給与システム


これらはそれぞれ独立したシステムとして構築されることが多く、データベースや画面仕様、帳票出力仕様などが異なるのが通常です。そのため、部門間をまたいだデータのやり取りでは、システム間の連携が必要になります。基幹システムとは、こういった「業務単位」での独立したシステムの総称と考えて良いでしょう。

ERPとは何か?基幹システムとの明確な違い

一方、ERPはもともと経営効率化を達成するための「概念」です。本来は生産管理の手法であったMRP(Material Resource Planning)を生産とは直接の関係はない会計や管理業務にまで発展させたものであり、企業が持つさまざまな資源を一元化して管理し、リアルタイムな経営判断に役立てるという考え方を指します。この考え方を具現化したものがERPであり、現在はERPがシステムの名称として使われているのです。ERPは、すべての業務を統合し、部門間でシームレスなデータ連携を可能にします。具体的には生産、購買、在庫、会計、人事給与、販売といった部門単位のデータが、統一した仕様のもとでデータベースにまとめられ、伝票情報も一元化されます。企業内に点在している情報を一箇所に集め、企業の「今」を正確かつタイムリーに把握し、経営戦略や戦術の決定に役立てるのです。この「情報の一元化」と「リアルタイムな経営戦略・戦術の決定材料」という2点が、基幹システムとの決定的な違いといえるでしょう。

基幹システムをERPに置き換えるメリット

基幹システムをERPに置き換えることにより、次のような効果が期待できます。

  • 経営状態の可視化
  • 業務効率化による現場負担の軽減
  • 調達コストや在庫保管費用の最適化
  • 生産管理工程の管理、調整の適正化

いわゆる「製・販・在」でそれぞれ分離していたシステムをERPによって統合すれば、業務部門間の情報伝達速度は格段に向上します。これは現場レベルでの無理や無駄を省き、コスト削減と利益増大という「攻防一体」の効果を発揮するものです。特に注目すべきは経営状態の可視化が進むことで「次の一手」が打ちやすくなることです。ERPをはじめとしたIT投資は、どうしても守りの側面が強調されがちでした。しかし、経営判断の基礎とすべきデータを素早く確認できるERPでは「攻め」の側面が強調されます。

クラウド型ERPならさらなるメリットも

中堅・中小企業にとって、ERPの導入は基幹システムからの順当なアップグレードパスといえます。しかし、もうひとつ先のアップグレードパスが「クラウド型ERP」なのです。クラウド型ERPはオンプレミス型ERPに比べて、導入コスト、運用・保守コスト、導入期間の負担が軽く、中堅・中小企業向けに最適化されています。一般的にクラウドERPは、サーバーやネットワーク機器といったハードウェア資源の調達が必要なく、導入時の金銭的負担が軽くなることがメリットです。ただし、導入時の負担はハードウェア資源の調達だけではありません。ビジネスシナリオの分析や再構築こそが、ERP導入時の最も大きな負担であり、企業の足かせとなりがちな部分です。したがって、あらかじめ優秀なビジネスシナリオを持つクラウド型ERPならば、実績のある成功事例をそのまま適用できることから、導入時の負担が大幅に軽減されることになります。

基幹システムとの違いを体感!クラウド型ERPのベストバイ「SAP Business ByDesign」

これまで紹介したERPやクラウド型ERPのメリットを、すべてカバーしたクラウド型ERPが「SAP Business ByDesign」です。ERPパッケージベンダーとして世界のトップを走り続けた実績と、豊富なビジネスシナリオで、どんな中堅・中小企業のビジネスにも素早くフィットします。クラウド型ERPの特性を活かし、導入後のシンプルかつ低コストな運用、ビジネス規模に見合った投資額で、企業の足かせになることもありません。世に存在するERPパッケージのなかでも、実績、機能、導入コスト、ビジネスシナリオの質と量すべてにおいて抜きん出た存在がSAP Business ByDesignといえます。基幹システムからの脱却を目指す中堅・中小企業を、次なる成功のステージに導くパートナーとなり得るソリューションです。