クラウド型ERPの機能を解説 IT投資に慎重になりすぎない経営を

オンプレミス型の最後の砦ともいうべき基幹システムで、クラウド化が進んでいます。特にクラウドERPは、中堅・中小企業のIT投資効率を高め、経営課題を解決するために有用なツールです。本稿では、IT環境統合やビジネスプロセス改善に役立つクラウドERPのメリットを解説します。

ITシステムの本流がオンプレミス型(自社保有)からクラウドヘと転換しつつあります。この現象は業界や業態にかかわらず起こっており、ビジネスシーンではもはやクラウドによるITシステムが欠かせないことを現しています。特に「クラウド化は不可能」とまでいわれた基幹システムの転換は注目すべき事態です。そこで、なぜ今、企業の屋台骨ともいえる基幹システムがクラウドERPに置き換えられるのかを考えていきましょう。

基幹システム=オンプレミス型ERPはもう古い?

企業の基幹システムといえば「オンプレミス型ERPパッケージ」という時代は終わりに近づいています。既存のオンプレミス型ERPパッケージは、多大な費用と時間を投じ、ビジネスシナリオの構築から始めなくてはなりません。また、システム運用・保守に対する専用の人員確保が必要になるでしょう。これら導入後のコストは、経営上の足かせとなる可能性があります。いくら導入費用が安く済んだとしても、経営の足かせになるようなIT投資では意味がないのです。こういった企業が抱える悩みを解決する手段として、クラウドERPに注目が集まっています。

導入までのハードルが低いクラウド型ERP

クラウドERP最大のメリットは「導入時のビジネスシナリオ構築が不要」という点にあります。従来のオンプレミス型ERPパッケージは、パッケージの機能に合わせたビジネスシナリオの構築、再編成が必要でした。このビジネスシナリオ構築・再編成のフェーズでは、コンサルタントの人件費や社内の人的リソース確保など、企業への負担が大きいのです。一方、クラウドERPでは、あらかじめ用意されたビジネスシナリオを活用して導入時のコストを大幅に削減でき、導入までの期間を短縮できるというメリットがあります。

運用保守のアウトソーシングが容易に

ERPの運用、保守には膨大な費用がかかり、経営上の課題となることが間々あります。例えば、ハードの保守の期限切れを理由にしたサーバーメンテナンスや、ネットワークインフラ見直し、内部プログラムの機能変更や不具合対応などです。また、財務会計機能では法改正に対応したアップグレードおよび機能改修などが必須でした。 こういった課題は、オンプレミス型からクラウド型へ移行することにより、大幅なコスト削減が実現できるのです。クラウドERPでは、サーバーやネットワーク機器といったハードウェア資源を自己調達しなくて良いという特徴があります。さらに、保守契約費用、運用・管理の人件費、アップデートやリプレイスの費用も激減するでしょう。加えて、企業のITシステム基盤を外部に委託することで、有事(災害やサイバー攻撃など)の際に事業が中断するリスクも軽減できます。

最小のコストで「攻めのIT投資」を実現できるクラウドERP

多くの企業が経営課題とする「業務効率的とIT化」の実践には、クラウドの効果的な活用が必要不可欠です。特に中堅・中小企業の強みである「意思決定の早さ」「機動力」「オリジナリティー」と親和性が高いクラウドERPは、ビジネスを加速させやすい仕組みといえます。守りのITの象徴であった基幹システムを攻めのITに転換させるきっかけが、クラウドERPなのです。クラウドERPは従来のオンプレミス型ERPパッケージが持っていた「堅牢性」「安定性」という特徴に加え、「柔軟性」「ユーザビリティー」「ランニングコストの低さ」「コミュニケーションの促進」といった機能も持ち合わせています。さらにBIツールやAIとの融合も比較的容易で、企業の分析力、営業力、マーケティング力を高める起点となるでしょう。

身の丈に合った投資で最大の効果を!「SAP Business ByDesign」

SAPが独自に積み上げた経営のベストプラクティスを活用できる「SAP Business ByDesign」はコスト、運用、柔軟性、導入ハードルの低さなど、中堅・中小企業のためのクラウドERPパッケージといっても過言ではありません。平均3~4か月の導入期間、ユーザー数に基づくリーズナブルな月額課金方式など「身の丈」に合った柔軟な投資が可能です。中堅・中小企業の悩みを適切かつ必要最小限の投資で解決できることが、SAP Business ByDesignの強みなのです。

関連タグ