SCMとは?導入のメリットとERPとの違いについて解説

SCMとERPには明確な違いがあります。SCMでは企業内企業外問わず製品の仕入れから販売までの情報を網羅するのに対し、ERPはSCMを含む企業内のあらゆる業務データを一元管理することができます。ERPシステムを導入し、経営の最適化を図りましょう。

仕入れから販売までを最適化するSCMと、経営資源を最適化するERP。どちらもビジネスを加速させ、利益幅を広げるために導入しておきたいシステムです。しかしこの2つを混同してしまい、うまく利用できていない企業もあるようです。最大限活用したい「SCM」と「ERP」の違いを解説します。

SCM(サプライチェーンマネジメント)とは?

SCMとは、仕入れから販売までをひとつのチェーンと見なし、業務の最適化を図るマネジメント手法のことです。原料調達から製造、在庫、輸送、販売を経て、エンドユーザーに製品を届けるまでの供給連鎖には、輸送業者、小売業者、メーカーなどさまざまな企業が携わっています。SCMには、製品に関わる業務について「企業の垣根を越えてリアルタイムに情報交換ができる」という特徴があります。

なぜSCMが必要なのか

SCMを実施することで、製品を販売するために必要なあらゆる業務が透明化され、最適なコストカットが可能になります。企業にとって最も避けたいことのひとつが、大量に余剰在庫を出してしまうことです。SCMを実施していない企業では、なぜ人的リソースを最大限活用できないのか、無駄な業務が生まれてしまうのかが分からず、経営が迷走してしまうこともあるでしょう。

問題はこれだけではありません。製造された製品がエンドユーザーに届くまでにはいくつもの企業が関わっています。これにより供給連鎖は長大化し、関連する企業間に見えないコストを生んでいます。自社がコストの最適化を図っても、ほかの企業で余剰コストが生まれることにより最終的には利益幅が大幅に減少してしまう可能性も。こういった無駄を省きたいのなら、SCMを導入し同盟企業内の統制をとり、適切な供給を実現できるよう努めましょう。

SCMを導入するメリット

社内外の情報を統制できるSCM、導入することでどのようなメリットが得られるのか詳しく見ていきましょう。

適正在庫の可視化

SCMを導入することで得られるメリットのひとつとして、適正在庫の可視化が挙げられます。現在の販売状況から適切な仕入れを行い生産することで、企業のリスクである余剰在庫を減らすことが可能です。

経費を投入すべき業務が分かる

SCMは市場が求めるもの、企業内で不足しているものも可視化できます。現在何に経費をかけるべきなのかがはっきりとし、どこに人的リソースを割くべきかが分かるようになります。やみくもに生産し経費をかけるのではなく、必要な場所に必要なだけ予算を投入することができるようになります。

需要変動に対応

SCMによって市場分析と市場予測を行うことで、急激な需要変動にも対応できるようになります。常に適正在庫を予測するSCMを利用することで、需要の減少と増加どちらにも柔軟に対応することが可能です。ライフサイクルの短い製品を扱う企業にとって、SCMはもはや必要不可欠なシステムであると言えます。

ERPとの違い

SCMと混同されがちなもののひとつにERPがあります。ERPはあらゆる業務のデータを一元化し、ヒト、モノ、カネ、情報といった企業資源を有効活用するための計画のことを指します。

SCMでは社内外問わず製品販売における一連のプロセスを可視化できますが、それ以外のことはできません。一方で、ERPは社内業務に関するすべてのデータを活用し、経営全体を可視化することができます。よって、ERPシステムにはSCMのための機能も含まれています。

SCMはERPで経営判断を行うための情報の一部なのです。SCMを含むあらゆる業務データを可視化できるERPシステムを導入することにより、生産管理だけではなく組織全体の業務を効率化できるようになります。

SCMで実現できない効率化をかなえるERPシステム

企業内外を問わず、仕入れから販売まで一連の業務を最適化するSCMと、人事や顧客情報までを網羅し管理できるERP。どちらも企業成長には欠かせません。これまでERPシステムは大企業を中心に利用されてきましたが、これから企業成長を図りたい中堅中小企業にとっても有用です。

初期費用を抑えながらも結果を出せるERPシステムなら、SAP Business ByDesignの導入を検討しましょう。SAP Business ByDesignはクラウド型のSaaSソリューションです。導入時は必要なシステムだけを選択することで、無駄なく常に最新のシステムを活用できます。最適なERPシステムを導入し、リスクとなる余剰在庫を減らしながら経営全体の効率化を目指しましょう。

関連タグ