結局ERPは必要なのか?~中堅・中小企業にこそERPが効く

中堅・中小企業にERPソリューションは必要ないのでは、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?ERPは大企業が使うもの、という見解は変わりつつあります。今回は、ERPの必要性を改めてご理解いただくための記事をご紹介します。

「中小企業にERPは不要とお考えの経営者様へ―永遠に中小企業だと思っていませんか?―」では、機動力や意思決定プロセスを洗練しやすい中堅・中小企業にこそ導入のメリットがあることをご紹介します。ERPへの投資が成長のきっかけとなるかもしれません。
「日本の中小企業がERP導入で得られる5つのメリット」では、なぜ今、日本の中小企業のERP導入が増えているのか、そしてそこにはどんなメリットがあるのかを解説しています。

■中小企業にERPは不要とお考えの経営者様へ―永遠に中小企業だと思っていませんか?―

ERPは大企業のものという先入観にとらわれていませんか?今や企業規模の大小に関わらず、成長にはITの活用が不可欠です。むしろ機動力や意思決定プロセスを洗練しやすい中堅・中小企業こそ、ITを活用すべきといえます。 ERPのなかでもクラウドERPは、導入・保守・運用にかかるコストが低いという特長を持っています。そのため、少額のコストでビジネス効率を最大化するための早道となります。

■日本の中小企業がERP導入で得られる5つのメリット

ビジネス環境の変化に伴い、ERPは中小企業にこそ必要なシステムになっています。 「中小企業の機動力を強化」から「運用・保守費用の削減」まで、ERP導入効果と最新情報を交え、なぜ中小企業にERPが必要かを解説します。



ご参考:業務改善カテゴリーのブログ記事一覧  

関連タグ